2018年の抱負です。
もうすぐ2月ですけどね…という書き出しは、2017年と同じ。ここらへん、成長が見られず残念です。

1.プロモーション計画の遂行

2017年はWEBのプロモーション計画を地味に見直しまして、地味に改善し、結果お仕事が微増しました。
WEBに関しては、このまま現状維持で、集客が増加する見込みなので(たぶん…)、このままで行こうと思います。

さて一方、2017年中に本来見直したかった「新聞折込チラシに代わる媒体」を開拓できませんでした。
その点はやはり、いろいろとやってみるしかないと思うので、ひとまず、今思いついているものを全て2月中にやります。
「鉄は熱いうちに打て」です。

そうそう。
同時に、プロモーション計画の一環として、名刺デザインの変更を予定しています。
従来のデザインは、「記憶に残る」ことを最優先にしていました(事務所名もそうですが)。
ですが、そろそろ、覚えていただくことから、次のステップへいくのも良いのではないか、と。
事務所のありようとともに、名刺のデザインは移っていくものだと思うのです。
記憶に残ったり覚えていただくことを目標にするところから、一歩進んで、誠実にきっちり仕事をするということが伝わるといいな、と。

2.よく動いて人に会おう

毎年、似たような内容で目標を掲げ、毎年、あまりうまくいっていません。
2017年は、ちょっとご縁があって、比較的いろいろな人に会ったのではないかと思いますが、正直まだまだ足りないです。

昨年の前半、売上が芳しくなかったときに、同業の某先生にお電話して売上について相談(ぶっちゃけ話盛りだくさん)したのですが、本当にスゴイの。
交流会の取り仕切りもしているし、ほぼ毎日のようにランチミーティング。
書類を作るような、私とは全く違うタイプの先生ですし、私が真似しようと思ってできるものでもないのですが、いやー本当に凄かったです。
交流会に臨む際の心構えからして違う。
いや、もしかしたらあれが当たり前で、私が何も考えていないだけなのかもしれませんが…
とにかく、2017年は反省することの多い年でした。

だいたい、人見知りだからなぁ。
やっぱり交流会は苦手です。
でも、今仕事で繋がっている人は、そうして知り合った中の人が多いわけですから、苦手だとか言っていてはいけませんね。

交流会へ行く際の障壁は、「仕事が忙しくて時間が作れない」なんていうのは、別になんとでもなるのですが、一番大きな問題は「夜おちびを預ける先が無い」こと。
交流会の類は、夜の開催ばかりですからね。
今までとは事情が違ってきてしまいまして、おちびの預け先は今のところ保育園しか無いのです。
おちび同伴でいけるものに、最大限、参加する。
今のところはそれしか無いかなぁ……
できる範囲内でできることを最大限やります。

3.行政書士業務の事例研究をしよう

当事務所は、難案件率が高いです。

要件を満たしているけれど書類が集まらないもの、とか。
要件の境目の上にあってどちらとも判別がつかない、とか。
そうした事例がなぜか集まります。
同業の先生から、「WEBからのご依頼が多いからじゃないか…」と言われたことはあるものの、そのせいなのか、それとも持って生まれた運なのか、定かではありません。

とはいえ、当事務所としては、パターン化できる案件を数こなす事業形態にはなり得ないので、難案件は歓迎です。

離婚や相続の案件とともに、心にダメージを負った方へのフォローの一環として心理学の勉強を始めたのですが、これが、難案件での交渉術として大変役に立っています。
難案件の際はどうしても、官公庁その他窓口での交渉力がものを言うようになりますので、心理学が交渉に流用できるのはありがたいなぁと思います。

今後は、交渉力だけでなく、事例研究も進めて、ますます難案件への理解を深めていければと思っています。
よく考えてみると、正統派に「行政書士業務の研鑽」を目標に掲げたことはなかった気がします。
今までやらなかったわけがないのですが(研鑽しなければ日々変化しつづける業務についていけませんので)、一度しっかり向き合うのもいいかな、と。

以上、2018年の目標3点でした。
今年も精一杯、誠実に業務いたします。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

ブログランキングに参加しています。ぜひ押してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


トマト行政書士事務所。相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

外国人ビザ、法人設立・融資支援、官公署の許認可・届出、離婚手続、相続・遺言手続等について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。