こんにちは、トマト行政書士事務所の菊地です。
今日は呆然とした話をひとつ。

車庫証明の記載ミス、対処方法は?

前々から、「急ぐので書類が届いたらすぐにお願いします!!」とお電話いただいていたお客様。
理由を伺うと、車庫証明の記載ミスがあって、再申請とのこと。

車庫証明の記載ミス。
これをどうしたらいいか…というと。
知恵袋なんかを見ると、いろんな回答(怪答)が飛び交っています。
中には「間違ったまま陸運に出してもばれない」などという恐ろしいことが書かれているものもありますが、参考にしてはなりませぬ。
というか、知恵袋で質問するのが、そもそも間違いです。

車庫証明の記載ミスに対する対処は、警察署によって違います
だから、全国から回答が集まる知恵袋で聞いても、参考になりません。

また、ミスの内容によっても、違います
どこを間違えたのかで、対応が違います。
さらに言うと、車庫証明を申請する前に気がついたのか、車庫証明を申請した後(交付される前)に気がついたのか、それとも交付を受けた後で気がついたのか、によっても違います。タイミングですね。

車庫証明のミスに気がついたら、管轄の警察署へ問い合わせしましょう。

サイズミスの場合は…

さて、今回はサイズミス。
どういうわけか分かりませんが、再申請だけがうちに依頼がきたところを見ると、前の行政書士さんが間違ったのかな…?

納車の都合もあるので、車屋さんが大慌てなのはよく理解できます。

さて、サイズミス(例えば長さを誤記した場合)で、車庫証明が交付された後に気がついた場合。
新潟市の場合は完全に再申請になります。
つまり…申請のために必要な書類全部が必要になります。

  • 申請書
  • 配置図と所在図
  • 自認書または使用承諾書
  • 新潟県収入証紙2700円分

が必要です。

ただ、間違ったほうの申請書も添付して申請すると、申請から交付までの期間が短くなります。
新潟市の場合、再申請ではない通常の申請は、中3日で交付(つまり、月曜日に申請したら金曜日に受領)が多いのですが、これが間違った申請書を添付することで中1日で交付(つまり、月曜日に申請したら水曜日に受領)になります。
誤記の程度にもよると思いますが。
※同じ新潟市でも、通常の申請で、申請後中2日で交付になる警察署もあります。新潟市は広いのです。だからやっぱり、正確には警察署に問い合わせしてください。

車庫証明は、車のサイズが車庫に対して適正かどうかを証明しているので、サイズ間違いだと、全書類をそろえて再申請になるのだそうです(窓口の人談)。

ちなみに…車庫証明は厳しいのよ新潟って

遠方から車庫証明のご依頼を受けるたびに驚かれますが、新潟は車庫証明の申請書類を「正確に」書く必要があります。
チェックが厳しいです。

何のことかというと…住所です。
住民票どおりに書きましょう。
「2丁目2番2号」を「2丁目2-2」とか「2-2-2」と書いてはいけません。
窓口で受理してもらえません。
「2丁目2番地2号」を「2丁目2番2号」と書くのもアウトです。

※同じ新潟市や新潟県内であっても、「2丁目2-2」の書き方で受理してもらえる警察署もあります。新潟市は(新潟県は)広いので、正確には警察署に問い合わせしてください。ただ、印鑑証明や住民票の書き方どおりに書けば間違いないです。

さて最後に呆然とした話

さてさて、今回の件。
呆然としながら申請してきました。

何で呆然としたかというと…今回の件は急ぐので、車屋さんが書類をとりまとめることができず、不動産屋さんから使用承諾書が、車屋さんから申請書類がそれぞれ届くことになっていたのです。

うち1通は、言われていたとおりの期日で届いたものの、その日の新潟は朝っぱらから豪雨だったせいか、郵便物びしょぬれ。というか、我が事務所のポスト内びしょぬれ。
雨が吹き込んだわけじゃなくて。
郵便局めー!郵便局でしょこれ!!

朝からポストを拭き掃除。

書類は濡れて毛羽立ち感たっぷり。
紙の一部がやぶれ、印鑑がにじんでいたのでしょうがなく、私が走って印鑑もらいなおし。どうせならと思って、書類書きなおしました。

さて、もう1通のほうが…………届かない。
レターパックプラスが届かない。
追跡番号を使って、私からも差出人からも問い合わせしてみたものの、レターパックプラスが行方不明……。

結局翌日見つかりましたが、なぜか、翌日投函予定ということで登録されていたそうです。
レターパックプラス、なんで投函予定日間違えたの?
原因不明。
窓口の人が、「事務所さんだから気を利かせたのでは」と妄言を吐き、私から冷たい声で「平日午後に閉まる事務所だとお思いですか?」と言われ、凍り付いていました。
ゆ、ゆ、ゆ、郵便局めー!!(2度目)
重なるときは重なるものだと、呆然。

ブログランキングに参加しています。ぜひ押してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


トマト行政書士事務所。相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

建設業・産廃・酒類販売について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。