こんにちは。トマト行政書士事務所の菊地です。

先日も書きましたが、平成30年度補正予算(2019年実施)小規模事業者持続化補助金が公募開始となりました。
販売促進等や新商品開発に使えるお金が、原則50万円支給される、とても使い勝手の良い補助金です。

昨年(平成29年度補正予算)は、中小企業庁のホームページによれば、26,910件の申請がありました。
採択者は、商工会管轄で9,278件、商工会議所管轄で約8,800件(大雑把に数えたましたすみません)。

67.2%の採択率です。
かなりの高確率だったと思って、間違いありません。
とはいえ、昨年の公募では、災害の被災地が優先採択される措置がありましたので、地域によっては採択率に開きがあったことと思います。

今年は、私個人の推測では、採択率が下がると思われます。
第一に、昨年の「IT導入補助金」では「ホームページ開設」で補助金を受け取った方が多くおられましたが、今年はIT導入補助金の案内に「ホームページ開設は小規模事業者持続化補助金で対応する」とされましたので、希望者がIT導入補助金から流れ込んでくる可能性があります。
第二に、小規模事業者の業種分類定義に変更があって、今まで「小規模事業者じゃないから応募できない」とされていた企業の一部が、応募可能になりました。
この2つの理由から、応募件数が増えるのではないかと考えられます。
今年は、補助金の予算が去年よりも増えたようですが、おそらく、それ以上に応募者が増加するのではないでしょうか。

政策加点項目を押さえよう

応募件数が増え、厳しい戦いが予測されますので、少しでも有利にするには「政策加点項目」をしっかり押さえることが大切です。

政策加点項目とは、政策上の理由で、審査時に加点する(つまり有利になる)ことが明言されている項目です。
次のような場合は、忘れずに、加点の付与を希望しましょう。
申請書類に、政策加点項目についての欄がありますので、チェックをお忘れなく!また、添付書類が必要な場合がありますので、そちらも忘れないようにしてください。

  • 【事業承継加点】代表者が満60歳以上で、後継者候補が中心になって補助事業を行う
  • 【経営力向上加点】経営力向上計画の認定を受けている
  • 【クラウドファンディング加点】購入型クラウドファンディングを活用したプロジェクト
  • 【過疎地域加点】過疎地域に所在する事業者

それぞれ、必要な添付書類等については、しっかり要項を確認しましょう。

余談ですが…経営力向上計画の認定を受けておこう

なお、「今すぐじゃないんだけど…」来年、補助金申請をしてみたい方。
融資を受けて、企業規模の拡大を目指す方。

こうした方々は、ぜひ、今すぐ経営力向上計画を作ってみましょう。
この経営力向上計画、日本政策金融公庫で設備への融資を受ける際、金利を下げてもらえる等のメリットがあります。

ただ、作成すればOKというものではなくて、作成後、その事業を所管する大臣あてに申請して、認定されなければなりません。
ご興味がある方はぜひ、当事務所にご相談ください。

ブログランキングに参加しています。ぜひ押してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


トマト行政書士事務所。相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

外国人ビザ、法人設立・融資支援、官公署の許認可・届出、離婚手続、相続・遺言手続等について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。