トマト行政書士事務所は、女性行政書士が親しみやすい雰囲気でお話を伺います。初回相談無料。補助金採択実績豊富です。融資・補助金申請・NPO法人・認定NPO・株式会社設立は、TEL025-278-8680へ!

株式&合同会社設立 流れ

株式会社・合同会社設立 その流れについて

img027株式会社および合同会社設立の流れは、とても簡単です。
以下、株式会社を設立するものとしてご説明いたします。
なお合同会社は、公証人役場での認証作業が不要となります。

手続きの流れ

1.会社を設立することを決める

「会社を設立するぞ!」となったら、発起人・役員・商号・事業目的・決算期・資本金額など、設立手続きを進める上での必要事項を決めます。

コラム「その会社設立、必要ですか?」

2.類似商号のチェック

同じような商号が既に使われていないか、また、適切な事業目的なのかどうかを確認します。

3.印鑑を作る

商号を考えたら、印鑑を作っておきましょう

4.定款を作る

決算をいつにするか、株式をどのように発行するか…等々、会社の基本的な決まりごとを盛り込むのが、定款です。
この定款には、いくつか、法で定められた「必要事項」があり、それらが抜けていると定款が無効になってしまいます。
ご自分で作る場合は注意しましょう。

なお、株式会社は、公証人役場での認証があります。
無効な定款を作成した場合は、認証してもらえませんが、合同会社の場合は、法務局に登記に行くまで、無効かどうかがよく分からない…ということになります。
定款が大丈夫かどうか、不安だという方、スピーディに手続きを進めたい方は、プロに依頼することをお勧めします。

5.公証人役場で定款の認証を受ける

電子定款だと印紙代が不要になってお得です。
でも個人が電子定款にするには、必要なものがいろいろとあるので、ちょっと赤字になる…か?そんなことないか?

6.法務局で設立登記申請

ご自分でやる場合、手続きについては法務局職員に聞きながらやってみてくださいね。
ここまでで、おおむね(場合によりますが)、1週間前後が必要になります。
なお、会社設立日とは、設立登記申請を行った日のことです。

7.登記完了したら、登記簿謄本(登記事項証明)や、印鑑証明を取得

法人の印鑑証明は、法務局で取得します。銀行口座開設のときなどに、必要になります。

8.法人設立届け等を行う

その後、各役所に、法人を設立したという届出をしてください。

ご予約で夜間、早朝、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9~17時(土・日・祝定休)
12~13時も電話や職場の近くまでお伺いして、
ご相談をお受けします。

PAGETOP
Copyright © トマト行政書士事務所 All Rights Reserved.