【初回のご相談無料】相続手続きや遺言書作成、「おひとりさま」の老い支度を親身にサポートします。法手続・お金・気持ちを大切に、女性行政書士が丁寧に対応します。

Q. 協議書への捺印を拒否された!?

親戚に連絡すらとることができない人がいて、署名捺印してもらえません

連絡をとれない親戚がいる場合の遺産分割協議書

imgyoku7先日、叔父が亡くなったのですが、親戚に1人、連絡のとれない人がいます。
行方不明とか失踪中なのではありません。
なくなった叔父とすごく仲が悪かったので、「連絡をよこすな!」と言われています。
親戚の誰が連絡をとろうとしても、電話に出てもらえません。

困ったのは、遺産分割です。
実はその連絡をとれない人、法定相続人なんです。
遺言書も無いから、遺産分割協議書を作らないといけないし……相続人の署名捺印が必要なんですよね?
困りました。
こういう場合、どうなりますか?

調停を申し立てることになるでしょう

imgyoku0相続人の署名捺印が欠けた遺産分割協議書は、残念ながら、無効です。
(有効な遺言書が残されてあり、その内容のとおりに遺産を分けるのなら、遺産分割協議書を作らなくてよかったのに!)
こういうご相談を受けると、「あぁ、有効な遺言書があればなぁ…」としみじみ思います。
ご相談くださった方も、「遺言書があればよかったんですねぇ…」とがっかりなさいます。

このケースでは、遺言書がありません。
ですから、遺産分割協議書を作らなければなりませんが、冒頭で申し上げたとおりで、相続人の署名捺印が欠けたものは、無効になります。
となると、調停を申し立てることになります。

調停申立かぁ…手間がかかるし時間がかかるなぁ、お金もかかりそうだなぁ、とご心配だろうと思います。
(そんなわけで、「あぁ、遺言書!」なのです。)
まず、調停そのものは、ご自身で申立できます。
ですが、必要な書類を、ご自身でお集めになるのは、難しいだろうと思います。
ですから、結局は、弁護士さんに手続きをご相談し、料金をあらかじめ教えてもらって、ご依頼なさることになろうと思います。

個人的には、いろいろと揉めることも考えられるわけですから、こういう場合、早めに弁護士さんへご相談なさることをお勧めします。
ご相談だけなら、比較的安価にできますから(私の知っている法律事務所は30分5000円です)、まずはご相談なさってみて、いろいろと手続き等について教えてもらい、依頼した場合の報酬についても教えてもらってからあらためて判断しても良いかと思います。
当事務所は、お話しやすい、親しみやすい弁護士さんをご紹介することも可能です(紹介料なんかは頂いておりませんよ)。

ご予約で夜間、早朝、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9~17時(土・日・祝定休)
12~13時も電話や職場の近くまでお伺いして、
ご相談をお受けします。

PAGETOP