初めての方へ

初めまして。
トマト行政書士事務所 代表の菊地美奈子です。

このサイトをご覧いただいて、ありがとうございます。
主に、離婚公正証書作成のサポートをしております。

専門用語が多い離婚公正証書を、お客様に分かりやすく説明するのは勿論、具体的で使いやすい書類に仕上げます。
さらに、「穴」「グレーゾーン」を潰していき、何かあったときのための書類を作成いたします。

まずはご挨拶と、当事務所がお約束していることなど、どうぞご覧ください。

はじめましてのご挨拶代わりに

世の中では「バツイチ」などという言葉が広く使われるようになってからかなりの時間が経ちました。
一見すると離婚へのハードルが低くなったようにも思えますが、「バツ」なんていう言葉が入っているぐらいですから、マイナスイメージが完全になくなったわけではありません。

思いもよらないところで、批判的な視線にさらされることもしばしばです。
例えば、「母子家庭なら手厚い経済的な保護を受けているに違いない」と勝手に妬まれ、突然批判されるとか…。
(※母子家庭なら経済的な保護を受けられるというのは都市伝説ですから、もしそう思い込んで離婚へ突き進もうとしている方がいらっしゃったら、ぜひしっかりと事前に法制度をお調べになってください!)

そういう私自身、残念ながら、離婚経験者です。
離婚を決心した当時はまだ行政書士ではありませんでした。
0歳の子どもを抱えて、どこに何を相談したらいいのか分からず途方にくれながら一つ一つ調べる日々。
子どもと一緒に相談にいけるところは見つかりませんでしたし、専門家だろうと思う人に相談をしてみても、思うような回答が得られなくて、まさに五里霧中。
インターネットを検索しても、うそか本当か分からないような情報の山です。
本当に困りました。

行政書士になったのは、自分の離婚が大きなきっかけでした。
専門家に聞いても思うようなアドバイスを得られず、インターネットの情報に振り回されて全く意味が無い行動をしたこともありました。
切羽詰った状況でしたので、意味があると思って期待していましたし、がっかりしたという表現では浅すぎるぐらい…本当にがっかりしました。
しかたなく自分で、法律から調べようとしたところ、民法なんて読んでも意味が全然分かりません。自分とどう関係があるのか、ピンとこない…。これにはもう、法律の基本から勉強するしかないと思って、必死に勉強しました。
おかげさまでまるっきりの法律素人でしたが、4ヶ月の勉強で合格しました!それだけ必死でした。

この事務所を「子どもと一緒に相談にくることができる」事務所にするのは、ほんの数年前、途方にくれていた私自身に捧げたいサービスです。
こんな事務所があったら良かったなぁ…と当時の私が思うような事務所にしたいと考えています。

離婚に至る理由は、本当にさまざまです。
私は確かに、離婚経験者ではありますが、私自身の経験を実際の手続きに押し付けようとは考えていません。
事務所のありようには、経験を生かしたいと思っていますが、手続きに関しては常に、お客様の現状・状況を冷静に捉え適切な方法を選ぶことが必要だと考えています。
ですから、たまに私自身の離婚の経験や、離婚を判断した経緯を参考にしたいので教えてほしいと求められるのですが、原則としてお断りしております。
離婚に至る理由は人それぞれ、様々ですし、その判断基準も人それぞれです。
離婚はとても大切な決断になりますから、その人が考えて悩み、判断するべきだと私は考えています。
そのような大きなことに、変な影響を与えてしまうようなことは決してしたくありませんし、法的な手続きに携わる者として、絶対にすべきではないと考えていますので、私自身の経験談は、控えさせていただいております。
どうぞご了承ください。

感情に流されず、少しでもより幸せになるために、まずは状況を整理していきましょう。

略歴

新潟大学 理学部卒業。
銀行に勤務し、その後、フリーランス(WEBデザイナー)、デザイン会社勤務、総合ECサイト運営企業におけるSNS事業立上げ、銀座のインテリアブランドにおけるWEBサイト管理・商品企画立案ほか企画全般といった経験を経てトマト行政書士事務所開設。
私生活では一児の母で、子育てに奮闘中。

事務所理念

当事務所では、「人生の最大の目標は幸せになること」ととらえ、「みんなで幸せになる事務所にする」ことを理念に掲げています。
「幸せ」とは何か、人それぞれに異なる考えがあると思いますが、当事務所では、事務所内が幸せであることは勿論、お客様にも幸せになっていただくことが大切であると考えています。それらをもって社会に貢献することが、本来あるべき事業経営ではないかと考えます。
お客様が、お困りのことがあれば、それを解決するお手伝い。
お客様が自己実現したいことがあれば、それに関するお手伝いをしよう…これが当事務所の理念です。

トマト行政書事務所の5つのお約束

1. 明朗会計です!

imgyokuk「専門家に相談に行きたいけど、どのぐらいお金がかかるか心配…」

当事務所では、ホームページで分かりやすい料金表を表示するほか、お客様のお話をお伺いした時点で、概算のお見積り書を提示します。
お客様から「わかりやすい!」と喜んでいただいています。
もちろん、ただお渡しするだけではなくて、内容をご説明しています。

業務の最中で、新たな事実が出てきて、金額が変わることがあります。
その場合も、こちらで勝手に判断して進めるのではなくて、その都度ご報告し、変更される金額についてもご説明をしています。どうぞご安心ください。

2. メリットとデメリットしっかりご説明します!

imgyokuj「相談に行けば、強く勧められるのではないか…」

何であれ、メリットとデメリットがあります。
強く勧めることは決してありません。
制度についてきちんとご説明し、お客様ご自身で判断していただきます。
やるぞ!と決心してから相談に行くのでは、遅いことが多いです。
決心する前の段階でぜひ、ご相談ください。詳しくご説明します。

3. 時期の目安をお伝えします

imgyokum「専門家に頼んだのはいいけど、なかなか連絡が来ない…」
「いつ出来上がるんだろ…」
「もうすぐ締め切りなのに、まだかなぁ…」

当事務所では、仕事が仕上がる時期の目安や、次の段階に進む時期の目安をきちんとご説明します。
時期の目安をお伝えできない場合も、その理由をご説明して、途中経過のご報告等も適宜しております。

4. お子様連れのご相談もOK!話しやすい雰囲気で、しっかりお話を伺います

imgyokuq「ろくに話も聞いてもらえずに、書類が仕上がってきたんだけど…」
「もっと説明したいことがあったのに、この書類で大丈夫なのかなぁ…」

当事務所では、まずお客様からしっかりとお話を伺います。
お子様連れでのご相談もOK!
事務所はRODYや積み木があって、話しやすい雰囲気です。
ちなみに菊地は、怪獣のような子ども相手に毎日格闘中のふつうの人で、少なくとも「お堅い雰囲気」はありません。

5. 分かりやすくご説明します

imgyokun「相談にのってもらったんだけど、何言ってるのか全然分からなかった!」

専門用語を使えば、お客様に正確にお伝えすることはできるのかもしれませんが、それもお客様がお分かりになってこそ。
お客様に理解できない言葉を使っても、意味がありません。
当事務所では、なるべく専門用語や略語は使わずに、丁寧にご説明します。
どうぞ安心して、お話してください。

シェアする

フォローする