トマト行政書士事務所は、女性行政書士が親しみやすい雰囲気でお話を伺います。初回相談無料。相続、遺言、成年後見、おひとりさまの老い支度を親身にお手伝い。TEL025-278-8680

5.相続税の申告

相続税を計算しましょう

相続税の申告が必要ですか?

img022相続財産に対して課される税金が相続税です。
相続が発生してから(=お亡くなりになってから)10ヶ月以内に、相続税の申告が必要ですが、必ず申告しなければならないというわけではありません。
相続財産が基礎控除額より少ない場合は、そもそも、相続税の申告をしなくてよいのです。

基礎控除額とは?

相続税の基礎控除額は、以下のように計算します。

平成27年1月1日以降に発生した相続の場合(=お亡くなりになった場合)

3000万円×(600万円×法定相続人の数)

基礎控除額より相続財産が多かったら…

基礎控除額よりも相続財産が多かった場合、相続税の申告が必要です。
ただ、基礎控除のほかにも、様々な制度があり、基礎控除額より相続財産が多いからといって必ずしも相続税を納税しなければならないとは限りません。
ただ、相続税の申告と、その制度を使うという申請が必要になります。

税務相談は税理士業務ですので、詳しくは税理士さんにご相談なさるといいと思います。
トマト行政書士事務所では、相続税の申告が必要となった場合、ご依頼者様のご要望に応じて、税理士を紹介しております。勿論、紹介料等(バックマージン含め…バックマージンをもらう事務所も多いと聞きますが…)は頂いておりませんので、ご安心ください。

ご予約で夜間、早朝、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9~17時(土・日・祝定休)
12~13時も電話や職場の近くまでお伺いして、
ご相談をお受けします。

PAGETOP