こんにちは。 新潟市の<トマトの離婚サポート>トマト行政書士事務所の菊地です。

「とにかく、離婚したいんです」
この頃、こんなご相談が続いています。

お話を伺っていると、離婚を具体的に考え始めるきっかけは様々です。
―今までは、我慢に我慢を重ねてきた。
―身近な人が、最近離婚した。
―離婚してから、幸せそうになった人がいる。
新潟県は、全国でも離婚率の低い地域柄ですが、それでも徐々に徐々に、離婚をやみくもにタブー視する雰囲気が薄まって、離婚について語れるようになってきたのかもしれません。

「でも、今は専業主婦なんです…」
というご相談をいただくことも、あります。
今日は、離婚と生活費について、基本的なことをご説明します。

婚姻費用…離婚までの生活費

夫婦は、お互いにお互いを扶養する義務があります。結婚している以上、例え別居していても、扶養する義務があります。

言い換えると、収入の多い方が、少ない方の生活費を負担する必要があります。

金額については、もしお互いに話し合って納得した金額があるのでしたら、その金額になります。
話し合いがまとまらないときは、調停、家庭裁判所での審判といった手続きをふんで、金額を決めることになります。審判となると、
「養育費・婚姻費用算定表」
を参照されることが多いようですが、当事務所は行政書士事務所ですから、調停や裁判等の専門家ではありません。詳細は、弁護士さんにお尋ねになるといいでしょう。

この婚姻費用は、結婚している期間のみ、発生します。

離婚してしまえば夫婦ではなくなりますので、お互いの扶養の義務は無くなります。婚姻費用は、離婚した時点で、無くなります。

慰謝料、財産分与、養育費…離婚したら受け取れるかもしれないお金

では、離婚したら、どのようなお金を受け取れる可能性があるでしょうか?

慰謝料

不貞行為などが原因で離婚する場合に、発生する(かもしれない)お金です。
離婚原因を作った側(有責側)が、相手方に支払います。
金額は、お互いに話し合って納得すればその金額になりますし、話し合いがつかなければ、調停や審判といった手続きを経て金額を決めることになります。
婚姻期間や、離婚原因の内容等と、年収がどの程度あるかによって、金額が決まります。

芸能人の離婚に際して「慰謝料●●億円!」なんていう報道がなされるせいか、慰謝料というとすごい金額をおっしゃる方がたまにおられます。
でも、その慰謝料は、天から降ってくるお金ではなくて、有責側の財産から支払われるものです。当然、とんでもなく高額な慰謝料をおっしゃっても、支払う能力に見合ったものでなければなりません。

財産分与

財産分与は、夫婦が婚姻生活中に作り上げた財産を、夫婦で分け合って清算するものです。
普通は、2分の1ずつに分け合います。

離婚時に持っている財産で、財産分与の対象外になるものは、主に次のようなものがあります。

  • 相続した財産
  • 結婚する前から持っている財産

これらは、ご夫婦が作り上げた財産とは言えませんので、もともとの持ち主がそのまま持ち続けることになります。

養育費

養育費は、離婚して親権者となった親が、親権者ではない親から受け取る、子どもの養育のためのお金です。
金額の決め方は、婚姻費用や慰謝料などと同じで、話し合いで合意できれば、その金額になります。
話し合いがつかない場合は、調停、審判といった手続きを経て金額が決まります。

家庭裁判所の
「養育費・婚姻費用算定表」
が有名になっているため、ちょっと誤解があるようですが、こちらの算定表のとおりに必ずなるというわけではありません。
算定表の金額をごらんになった方は、冷静にお考えになってみればわかると思いますが、子ども一人で数万円のお金しか発生しないことが多く、それだけでは子どもを養育するのには足りないのが実情です。
それぞれの事情に沿って、金額を話し合って決めるケースが多いと思います。

まずは働こう!

お金について、基本的なことをお話してきました。
離婚時に受け取るお金だけでは、生活していけそうにないことがお分かりかと思います。

「母子家庭(父子家庭)になれば行政からの支援がある」と誤解なさっている方も多くおられますが、母子家庭だからこその支援のお金なんていうものは、微々たるものですし、そこそこの収入があれば当然、もらうことはできません。

だから、専業主婦の方がご相談に来られた場合は特に、私は声を大にしてお話しています。
働きましょう!

離婚して生活していくために、働きましょう。
離婚を本当に検討しているのでしたら、一度生活費を洗いなおして、すぐに就職活動しましょう!
離婚の理由によっては、DVなど、「見通し云々のまえにまず離婚しないと」という緊急性のあるものもあります。
でも、もしも時間的に猶予があるのでしたら、まず離婚!ではなくて、その前に収入の目途を立てましょう。

「離婚してしまえば、あとは私が昼夜問わずに働けば…」
なんていう考えは、やめてください。特に母子家庭・父子家庭になる予定の方は、「寝ないで働けば大丈夫」という考えは捨てて、きちんと生活の計画を立てましょう。
保護者はあなた一人だけなのですから、健康管理が今まで以上に大切です。

ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ


グレーゾーンを減らし安心したい方、子どもの負担を少なく離婚したい方はトマト行政書士事務所へ。

新潟市中央区、県庁の近くにあるトマト行政書士事務所です。
離婚の手続き、養育費や財産分与、年金分割、離婚協議書、公正証書、ご夫婦間の合意書・念書・誓約書作成について、専門家のサポートをお求めでしたら、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。全国からのご相談に対応いたしますが、原則として、実際にお会いできる方に限りご依頼を承ります。

メールでお問い合わせはこちらお子様連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※当事務所のサポートをご利用なさりたい方のためのご相談をお受けしております。「金額の判断がほしい」「相場が知りたい」「慰謝料請求できるか知りたい」「離婚すべきか知りたい」「不倫にはどう対応したらいいのか」といったご相談につきましては当方はお受けしておりません。
※なお、不倫、不貞行為等の問題につきましては、信頼できる探偵・興信所をご案内しております。

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。