こんにちは。
新潟市の<トマトの離婚サポート>トマト行政書士事務所の菊地です。

このところ、ようやく「日記だけでは証拠としては弱い」ということが認識されてきたようです。

さて、この頃増えてきたなと感じるのが、録音。
ICレコーダーを持ってこられて、
「証拠があります!証言を録音しました!!」
というお客様が増えました。

高性能なICレコーダーが手軽な価格で購入可能なことや、スマホ等を使っても録音できることから、
「不貞行為の証拠には録音!!」
とお考えになる方が多くなったようです。

さて今日は、「録音さえしていれば大丈夫なのか」ということについて、お話したいと思います。

まず、不貞の証拠とは?DVの証拠とは??

ここに書くことは、以前の記事にも書いたことなので、面倒な方は読み飛ばしてください。

まず、大前提。
当事務所は行政書士事務所です。
業務として、お客様からご依頼いただいて、訴訟や裁判に関わるのは、これは完全に弁護士の仕事です。
だから、行政書士事務所で
「これ、裁判になったときに証拠になりますか?」
というご相談をいただいても、正確には弁護士事務所でご相談ください、となりますし、実際に弁護士をご紹介します。
もしくは、お客様が知っている弁護士さんがおられるなら、そちらへ行っていただきます。

以下、その前提のもとで読んでくださいね。

不貞行為とは、夫婦の貞操義務に違反する行為です。
配偶者以外の相手との性的関係です。

不貞行為の証拠というのは、自分の配偶者と、誰か他の人との間で性的な関係があるという証拠になります。

DVとは、家庭内での暴力行為全般です。
一般的には、配偶者からの暴力行為です。
いわゆる身体的・物理的な暴力行為はもちろん、精神的、経済的、等々様々な暴力行為がこれに含まれます。

だから、暴力行為の証拠というのは、自分が暴力を受けたという証拠です。

録音だけで、不貞や暴力行為の証拠になるのか?

「しっかり、不倫を認めた声を録音しました!!これ、証拠になりますよね!?」
といって、持ってこられるお客様がたまにおられます。

証拠になるかならないかを判断するのは、結局は裁判官です。
ですので、うちでご相談なさるのではなくて、弁護士さんにご相談なさるのが正解です。
そのうえで、私個人の意見を申し上げると、

録音内容による。

当たり前ですが、これに尽きます。

例えば。
口頭のやりとりでは、「言った・言わない」の争いが生じがちですが、録音がある場合は、「そういうつもりで言った・言わない」の争いが生じます。

文字に起こすと
妻「××さんと不倫したことを認めるわけ!?」
夫「あぁ」
妻「離婚よ!!」
夫「しょうがない」
妻「慰謝料はらってよね!」
夫「そうだね…」
…というやりとりの場合。
夫がどういうつもりで「あぁ」「そうだね」と言ったのか、承諾したのか、単なる相槌なのかどうなのか、分かりにくいですよね。

これが、録音だけが証拠の場合に難しくなる理由です。
口頭のやりとりは、意外と「どうにでも解釈できる」ケースが多いのです。

はっきりと「××さんとの不貞行為の慰謝料として100万円払う」と言ってもらうのが、まず、大事です。

じゃぁそれで100%大丈夫かというと、そうでもないのが、難しいところですが。

  • 本当にその人が言ったことなの?録音は顔がうつらないので…。
  • 「その場の圧力で言ったけれど、やっぱり後から発言内容を撤回する!」と言い出す
    撤回が認められるかどうかは、撤回理由によりますが…。

このような具合に、録音だけでは揉めがちです。

いろいろな証拠をできるだけたくさんそろえよう、専門家に相談しよう

結局、どんなに良さそうな証拠であっても、1つだけでは心配。
なるべくたくさん、いろいろな種類の証拠を集めましょう。
どれが有効になるかなんて、分からないです。

そして、結論を出す前に、早めに専門家に相談しましょう。

変な言い方ですが、離婚は一生モノ。
取り返しがつかないです。
特に、揉め事があった上での離婚の場合、しっかりとした専門家に相談をして、早めに準備をしましょう。

ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ


グレーゾーンを減らし安心したい方、子どもの負担を少なく離婚したい方はトマト行政書士事務所へ。

新潟市中央区、県庁の近くにあるトマト行政書士事務所です。
離婚の手続き、養育費や財産分与、年金分割、離婚協議書、公正証書、ご夫婦間の合意書・念書・誓約書作成について、専門家のサポートをお求めでしたら、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。全国からのご相談に対応いたしますが、原則として、実際にお会いできる方に限りご依頼を承ります。

メールでお問い合わせはこちらお子様連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※当事務所のサポートをご利用なさりたい方のためのご相談をお受けしております。「金額の判断がほしい」「相場が知りたい」「慰謝料請求できるか知りたい」「離婚すべきか知りたい」「不倫にはどう対応したらいいのか」といったご相談につきましては当方はお受けしておりません。
※なお、不倫、不貞行為等の問題につきましては、信頼できる探偵・興信所をご案内しております。

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。