「夫が・妻が浮気した。許せない。慰謝料もらって離婚だ!!」

…っていう話をよく聞きます。
でも、実際にどのぐらい慰謝料をもらえるかというと…。
どうなんでしょうね。
意外と少ないのではないでしょうか。
また、「これだけ写真があれば大丈夫」と自信満々で弁護士に相談に行ったが、弁護士から難しいといわれた人、大勢いらっしゃいます。

不貞行為を証明するための証拠集め、実はかなり難しい

不貞行為を立証するって、実はけっこう難しいです。
「特定の相手と頻繁に会っていた」というだけでは難しいでしょう。
あるいは、携帯を覗いたら、メールで「愛してるよ!」と特定の相手に何通も送っていた…これも、難しいでしょう。
不貞行為は、裁判によって離婚が決定するような、重大な行為です。
重大な行為だからこそ、逆に言えば、不貞行為が実際にあったかどうかは、慎重に判断されます。
詐称などを防ぐためです。

不貞行為によって、離婚し、慰謝料を請求するには、請求する人が、「配偶者が配偶者以外の人と性的関係を持っている」ことを証明しなければなりません。

  • 性行為を確認できる証拠
  • 性行為を推認できる証拠

どちらかが必要になります。

  • ドライブで特定の相手と何回もデートしている
  • 特定の相手とキスした
  • メールのやりとりをしており、「愛している」などと書かれてある

これらだけでは、不貞行為の証拠には足りないのです。

相手を締め上げて白状させたとしても

数少ない証拠を相手に突きつけ、不貞行為をしたと白状させたとします。
それが証拠になるかというと…状況によりますが、それだけではやはり難しいでしょう。

慰謝料請求・裁判ともなれば、白状したことを翻してくるかもしれません。
「あのときは、そういうふうに言わないと、暴れだしそうだったから」
などと理由をつけるケース、本当に多いです。

不貞行為が認められないとなりますと、裁判であれば、離婚請求が却下されることもありえます。
慰謝料請求も、却下されたり、大幅な減額があるかもしれません。

不貞行為の証拠として有効なものは、

  • 愛人との性行為そのものが確認できるビデオや写真
  • 愛人とラブホテルへ出入りしていることが確認できるビデオや写真
  • 不貞行為を認めた録音
  • 不貞行為について書かれた電子メール、手紙、日記

状況によりますが、上記のような証拠を中心として、そろえていくことになります。

なお、愛人の自宅に頻繁に出入りしていても、浮気にはなるかもしれませんが、不貞行為の証拠にはなりません。
不貞行為は、あくまでも「配偶者以外との性行為」が対象なのです。愛人の自宅に何回も通っていたからといって、それが性行為につながるかというと、難しいでしょう。

法的知識のある専門家がお勧め

不貞行為の証拠を自分で集めるのは、とても難しいでしょう。
うっかり「調べられている」とばれたら、その後ものすごく警戒され、証拠がとりにくくなります。

そこで専門家…興信所などへお願いすることになります。
興信所は、不貞行為とは何なのかをよく知っているところがいいでしょう。
看板が大きくても、有名な事務所であっても、実際に調査する担当者が不貞行為についてよく知らなければおしまいです。
興信所をいくつか調べてみて、信頼できそうなところに依頼なさるほうがいいでしょう。

私も、良い事務所を知っていますので、もしでしたらご相談ください。ご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ


グレーゾーンを減らし安心したい方、子どもの負担を少なく離婚したい方はトマト行政書士事務所へ。

新潟市中央区、県庁の近くにあるトマト行政書士事務所です。
離婚の手続き、養育費や財産分与、年金分割、離婚協議書、公正証書、ご夫婦間の合意書・念書・誓約書作成について、専門家のサポートをお求めでしたら、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。全国からのご相談に対応いたしますが、原則として、実際にお会いできる方に限りご依頼を承ります。

メールでお問い合わせはこちらお子様連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※当事務所のサポートをご利用なさりたい方のためのご相談をお受けしております。「金額の判断がほしい」「相場が知りたい」「慰謝料請求できるか知りたい」「離婚すべきか知りたい」「不倫にはどう対応したらいいのか」といったご相談につきましては当方はお受けしておりません。
※なお、不倫、不貞行為等の問題につきましては、信頼できる探偵・興信所をご案内しております。

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。