トマト行政書士事務所は、女性行政書士が親しみやすい雰囲気でお話を伺います。初回相談無料。深夜早朝の打合可能。酒類販売・産廃収集運搬・契約書作成はTEL025-278-8680へお電話を。

サービスのご案内

  • HOME »
  • サービスのご案内

トマトのサービスメニュー

 

古物商許可申請…39,000円(税別)

古物商の許可申請は、個人の方と法人とでは、求められる書類が違ってきます。

契約書作成…30,000円(税別)~

A4で2ページ以内で30,000円~です。
扱う金額、内容の特殊性等で金額を考慮いたします。
ぜひ、契約書を最初からきちんとそろえることをお勧めします。
無料の雛形ではなく、あなたの事業のための契約書をご用意ください。
なぜかというと…第一に、雛形は本当に正しいものとは限りませんし、また、あなたの事業に合っているとは限りません。
第二に、契約書は何かあったときに活躍するものだからです。
始めたばかりのあなたの事業は、「何か」があると、そのダメージが大きく響きかねません。
きちんと事業を守るための契約書、ぜひご検討ください。

コラム「専門家に契約書作成を依頼するメリット」

コラム「デザイン業や商品企画、新規事業の契約書の難しさ」

コラム「契約書を依頼する専門家の選び方」

会計記帳…10,000円/月(税別)~

個人事業主の方で会計記帳の代行をご依頼の場合、毎月1万円~、お受けしております。
(株式会社様は毎月1万5千円~になります。)
会計記帳につきましては、伝票等の枚数にもよりますので、事前にお話を伺い、お見積もりいたします。
また、既にご開業なさっている場合は、実際の伝票等も拝見いたします。
なお、トマトでは、freeeもしくはMFクラウド会計を利用しております。
インターネット上のサービスですので、トマトで入力作業をしつつも、お客様がご自分の経営状況について確認したいときは、簡単に・すぐに確認することが可能です。

株式譲渡…50,000円(税別)~

小さな会社の、株式譲渡。事業承継の場合や、新たに役員を増やしたいときなど。
ただ口頭で、「うちの会社の株を10株やるから、うちの取締役になってよ」と依頼してOKをもらったとしても、その株式が実際に所有権をうつしたことにはなりません。
定款の定めにもよりますが、株主総会を開く必要があるかもしれませんし、「株式譲渡契約書」「議事録」といった、会社法で定められた書類が必要になります。

会社の解散…80,000円(税別)~

せっかく設立した法人だけど、解散したい…全然稼動させていない法人だから、解散しておきたい。
そうした場合には、会社の解散という手続きをします。
具体的にいうと、株式会社の場合、株主総会をひらき、議事録をつくり、「解散登記」をします。
その後、会社の清算をあれこれ行って、もう清算しましたよという意味の「清算登記」を行います。
登記を含めた手続きについては、当事務所でどうぞご相談ください。
上記の報酬は、司法書士報酬を含んだ金額です。
上記のほかに、解散登記のためには実費が39,000円程度、清算登記には2,000円程度必要ですし、公告の費用もまた別途必要になります。清算には税理士さんにもお願いしたほうがいいかもしれません。
こうしたことを全部、ご相談いただくことも可能です(司法書士さん&税理士さんは、ご紹介することもできます)。

経営改善支援…40,000円/月(税別)~

知的資産経営認定士として、お客様の事業を積極的に支援しています。
知的資産経営…というと面倒な名前ですが、簡単に言うと「会社のいいところ」「利益を上げているポイント」を正確に分析し、「そこを更に強くする」ための支援をすることです。
主に事業承継の場合など、「名物社長が居なくなったらどうなるんだろう・・・」といった会社様に、お勧めです。
通常の経営コンサル等とは違い、「会社に変革を!!」というものではありません。
あくまでも、その会社がそれまで築いてきたものは何なのかを分析し、そこを強化するためのもので、経済産業省を中心に推進されているものです。

デザイン業

WEBデザイン、印刷物デザイン、ご相談に応じてお受けしております。
今までの経歴については、プロフィールをご覧いただければと思います。
WEBサイト作成等、豊富な経験がございます。

また、「デザイナーに依頼…っていうほどでもないんだけど…せっかく開業したし、開業の挨拶を刷らないといけないんだけど、頼める?」「せっかくだから名刺、新しくしたいな!」といった気軽な依頼もぜひどうぞ!
まずはお見積りから、きちんとしっかりご提示します。

ご予約で夜間、早朝、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9~17時(土・日・祝定休)
12~13時も電話や職場の近くまでお伺いして、
ご相談をお受けします。

最近の記事

トマトの専門サイト

PAGETOP
Copyright © トマト行政書士事務所 All Rights Reserved.