今日は、デザイン業務のお話を書こうと思います。
(お客様から掲載いいですよって言われたので。)
司法書士法人トラスト様ご依頼の、ロゴ立体サイン(立体看板)施工日でした。

トラスト様のご要望は、「かっこよさ」と「高級感」。
特に、影が落ちる様子が欲しいとのことでした。

ステンレスの立体看板、細い平行線が入っています。
ふつう、パーツ一つ一つをバラバラに作って取り付けると、この平行線がゆがんでしまいます。
というのも、取り付けは壁にビスで行いますのでmm単位の調整が難しいのです。
といって、ゆがまないように、この平行線を無視する・上に細いラインを白でかいちゃうというのも、あり得ない…

そんなわけで、脳細胞を酷使してアイディアを出した結果が上の写真のとおりです。
仕様を工夫しまして、きちんと平行線がきれいに平行に出ております。

立体物は、図面を見ればある程度は想定できるのですが、実際の仕上がりは、やはり物を見てみないと分からない部分が多いです。
さらに施工などは、現場でやってみないと分からない部分が大きくなります。
そんなわけで、必ず、施工業者様が入る前に、私がまず現地入りしております。

今日は、施工が予想外にスムーズで、順調に仕上がりました。

本当に良かった!
我ながら、今日はいい仕事しました。

ブログランキングに参加しています。ぜひ押してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


トマト行政書士事務所。相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

外国人ビザ、法人設立・融資支援、官公署の許認可・届出、離婚手続、相続・遺言手続等について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。