平成30年度補正予算(2019年実施) 小規模事業者持続化補助金が公募開始となりました。

締め切りは6月12日です。
4月下旬(公募開始はゴールデンウィーク前でした)に公募開始となり、今日で、〆切まで1か月を切りました。

採択発表は、7月末ごろの予定。
準備を始めてみると、日数が経つのはあっという間です。
ぜひ、今すぐ準備をはじめてください。

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金は、中小企業庁管轄の補助金です。
小規模事業者が、
「販路を拡大したい!」
「新商品を開発したい!」
というときに必要な資金を補助するもの。

申請書類を提出し、採択されると、原則50万円を上限として、補助金(補助率3分の2)が支給されます。

私の知る限りでは、広報費や新商品の開発費に使う方が多いようです。

「商工会議所管轄地区」って?

さて、今回の補助金は、「商工会議所管轄地区対象」となっています。
昨年の小規模事業者持続化補助金には無かった記載です。

「商工会議所管轄地区」というのは…
非常に乱雑にざっくり説明すると、日本全国は、「商工会議所」が管轄している地域と「商工会」が管轄している地域とがあります。
名前は似ていますが、違う組織です。
なお、支援内容も、ほぼ同じです。

今回の補助金は、「商工会議所」管轄の地区のみで、応募を受け付けています。
というのも、申請書類の提出先は、地元の商工会議所なのです。

それじゃ、商工会の管轄地域は?というと。
こちらは、現在、事務局の募集がなされています。
なので、もう少し時間が経ってから、商工会管轄地域での補助金公募が開始となるはずです。

あなたのお住まいが、どちらの管轄なのかは、聞いてみるのが一番です。
全国の商工会議所一覧を見て、近隣に商工会議所があったら、そこに電話してみましょう!

補助金の採択率アップのためには、早めの準備が大切

毎年、小規模事業者持続化補助金の申請のお手伝いをしております。
昨年は、当事務所でご支援した方全員が採択されました。
採択率100%。
よかったなぁと思います。

採択されるために大切なことは、まず、申請書作成にまじめにとりかかること。
それから、早めにしっかり準備すること。

そして、早めに申請してしまうことです。

興味のある方はぜひ、早めに当事務所にご相談ください。
なお、当事務所の補助金専門サイトはこちらです

ブログランキングに参加しています。ぜひ押してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


トマト行政書士事務所。相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

外国人ビザ、法人設立・融資支援、官公署の許認可・届出、離婚手続、相続・遺言手続等について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。