中小企業や小規模事業者向けの「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」補助金(平成30年度補正予算)、通称「ものづくり補助金」の公募が昨日(2月18日 月曜日)開始となりました。

サービス開発や試作品開発、生産設備投資に使える補助金です。

昨日公募開始で、第一次〆切りは、2月23日(土)消印有効。
第二次〆切りは、5月18日(水)消印有効。

2月23日…5日間しかありません。
※私の入力ミスではありません。

締め切りが早い理由…ものづくり補助金、どうして今回は5日間なの?

当事務所にご相談に来られる方には、いつも
「補助金は、公募になってから準備しても間に合わないことが多いんです。気になる補助金があったら、今から準備したほうが有利ですよ」
と、お話しています。

そういう意味では、今回のものづくり補助金はまさにそう。
というか、前々から準備していたところでないと、間に合わないでしょう。
どうしてこういう〆切り設定になったのかというと、中小企業庁のHPによれば、以下のような理由があげられていました。

(1) 早期審査プロセス(ファストトラック)の導入
締め切りを二段階にすることで、早期に事業開始を希望する事業者向けに、早期に公募を締め切って審査を行い、早ければ3月中にも事業を開始できるようなプロセス(ファストトラック)を導入します。
(2) 申請書類の簡素化
応募申請時に、定款や登記事項証明書の添付を不要とします。また、ホームページを持つ事業者は、会社案内の添付を不要とします。
(3) Fintechとの連携
Fintechや民間資金を活用した中小企業のイノベーション創出を後押しする観点から、一定期間内に購入型クラウドファンディング等によって一定規模以上の支援金額を集めた企業については、一定の加点措置を講じます。また、補助事業で開発した試作品を補助事業期間内に購入型クラウドファンディング等を用いてテスト販売することを可能とします。
この他、補助金交付決定をもって抗弁付き電子記録債権を発生させ、これを担保に補助事業に必要な融資を受けられる取組を可能とするよう、現在、調整中です(詳細は決まり次第ご案内します)。

中小企業庁HPより
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2019/190218mono.htm

早く事業を始めたい企業には、早く補助金を出しますよ!
書類の一部を簡素化しますよ!
…と、いうことですね。

とはいえ、なかなか2月23日の締め切りに間に合わせられる企業はいらっしゃらないのではないでしょうか。
言い換えると、間に合わせることができれば、かなり有利です。

新潟県内の平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」公募説明会は3月開催

新潟県中小企業団体中央会のHPによると、新潟県内での説明会は3月4日に新潟市の開催が最初。
2月23日の〆切りには、間に合わないですね。

例年、説明会で詳しく話を聞いてから応募する流れでしたが、今回はそうも行きません。
一次募集に間に合わせたいという方は、公募要項をよく確認して、まずはご自身が応募できる業態なのかどうか、確認なさるといいと思います。

新潟県内の企業の方は、公募要項等はこちらでご確認を。

ブログランキングに参加しています。ぜひ押してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


トマト行政書士事務所。相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

外国人ビザ、法人設立・融資支援、官公署の許認可・届出、離婚手続、相続・遺言手続等について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。