お客様にいつもご説明していること。

当事務所は、必ず、ご依頼になるお客様に「契約書」を書いていただきます。
2通作成し、双方が保管。
ほぼほぼ、必ずです。

さすがに、車庫証明等の自動車手続きでは、契約書書いていただかないですが…。

契約書は、お互いにメリットがある

契約書といっても、当事務所の契約書は、とても簡単な内容です。
興味のある方はぜひ、お仕事をご依頼ください(笑)。

簡単に言うと、

  1. 依頼する業務は○○です
  2. ○○として、「1。・・・・」「2.・・・」「3.・・・」をします
  3. 代金は××円で、請求書を出してから支払ってください
  4. 報酬のほか、実費を支払ってください
  5. 何かあったらお互い話し合いましょう

…という具合(ほかにこまごまと書いてありますが省略)。
非常に簡単な内容です。

簡単な契約書ですが、お互いにメリットがありますので、きちんと契約書にしています。

間違いなく私に依頼した証拠

「トマトに書類を預けてから1ヶ月経つけど、仕事してもらえないなぁ…連絡が無いなぁ…」
という場合(そんなことあり得ませんが)。

契約書は、間違いなく依頼したという証拠になります。
さらに着手金を支払って、領収書を持っていたりすると、なおさら強い「依頼した証拠」になります。

意外と、仕事してくれない士業事務所は多いみたいです(?)。
私は幸い、そういう経験が無いのですが。
なんだかそんなことをおっしゃるお客様が、たまにお見えになるのです。

ちゃんと間違いなく「依頼したぞ!」という証拠になればいいなぁと思って、契約書にしています。

勿論、契約書を作ることは、私のメリットにもなります。
間違いなく依頼されたぞ、報酬○○円を承諾しているぞ、仕事が終ったらお支払が発生するぞ、という証拠ですね。

とるに足らないことかもしれませんが

「ちゃんと依頼したぞ!」

「あとでお金払うぞ!!」

…なんて、とるに足らない、ごく当たり前のことだと思う方が多いかもしれません。
実際、契約書お願いしますというと、
「信用してますから、契約書なんていいですよ」
なんて、言われます。

でも実際のところ、「お願いします!」と言って書類を預けてきたのに、数週間後に電話を入れたら、
「え、あれ、本当にやるつもりなんですか?え、依頼した?」
という返事が返ってきた事務所の話だとか…。
「書類置いていかれたのは確かですけど…。もしでしたら取りにきてください、何も触っていないので」
とか、言われちゃうケースもあるみたいです。
どこかできっと、行き違いがあったんだろうと思います。

だから、契約書を作ることで、お互いに「仕事しましょう!」という確認を。
ささいなことですが、大事ですよね。

ブログランキングに参加しています。ぜひ押してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


トマト行政書士事務所。相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

外国人ビザ、法人設立・融資支援、官公署の許認可・届出、離婚手続、相続・遺言手続等について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。