在留資格、VISAのご相談はトマト行政書士事務所へ。入国管理局申請取次行政書士だから、外国人本人の入国管理局出頭不要。

行政書士によるパスポート原本証明サービス<英文>

  • HOME »
  • »
  • 行政書士によるパスポート原本証明サービス<英文>

行政書士によるパスポート原本証明(パスポート認証)サービス

行政書士は、業として、権利義務や事実証明の書類を作成することができます。
当事務所では、法令に基づき、各種認証業務を行っております。

例えば、私たち日本人が日本に居ながらにして、外国の金融機関に口座を開設するときや、外国の企業とお取引する場合等に、パスポートの提示を求められる場合があります。
海外へパスポート原本を送るわけにはいきませんので、コピーをとってお送りすることになるわけですが、外国の金融機関・企業等にとって、それが本物のパスポートのコピーかどうか、確認することは困難です。
そこで、事実証明の書類作成ができる日本の国家資格者が、所持人と直接面会し、併せてパスポートの原本を提示していただくことで、「本人に会った」「原本を確認した」「本物に間違いない」という認証文をつけて提出することになります。
※外国の金融機関や企業等から、「Certified Copy (of passport)」「Certification」「The Authentication」等と書かれた書類のサンプルを提示され、提出を求められることもあるようです。

当事務所では適法に、合理的な費用で、短時間で認証業務を行います。

当事務所のパスポート原本証明(パスポート認証)サービスのメリット

  • o0200028213204121589提出先から様式の指定がある場合、それに合わせて作成いたします(但し英文、日本文に限ります)。
  • パスポート認証について、特に様式の指定が無い場合は、当事務所所定のレターヘッドにて作成し、日付の記入とサイン(英文)、行政書士印の押印もいたします。
  • 提出先が受け入れやすいよう、行政書士証票のコピー(右の画像参照)に、英文にて内容を翻訳し記載したものを添付いたします。そこには、行政書士が日本の行政書士法に基づく資格であることや、事実証明の国家資格であることをあわせて記載しています。

料金

  1. パスポート原本証明(パスポート認証)…5,000円+消費税+送料(360円:レターパックライト)
    認証文(パスポートのコピー)1枚+行政書士証票の写し(英文翻訳)1枚
  2. その他、パスポート全ページの原本証明や、戸籍謄本の原本証明、その他の認証(サイン認証等)につきましては、別途お見積りさせてください。

パスポート原本証明(パスポート認証)サービス利用方法

  1. まずは、お電話かE-mailにてお問合せいただき、ご予約ください。
  2. 当事務所へご来所ください。
  3. 面談させていただき、パスポートをスキャンさせていただきます。
  4. 作成し、レターパックライトにてお送りいたします。
  5. ご指定のご連絡先へ、レターパックライトの追跡番号をお伝えします。

ご注意!!事前に提出先にご確認ください

  • 行政書士による認証でよろしいですか?
    公証人による認証等を求めている場合もあります。
    なお、公証人による認証は様式が定められていますので、公証人の認証では受け付けてもらえない場合もあります。どういった認証が必要なのか、よくご確認ください。
  • 郵送でのやりとりは受け付けておりません。
    この業務は、「本人に面会」「原本を確認」が必要ですので、お会いしなければなりません。郵送のみのやりとりはしておりませんので、ご了承ください。

ご予約で夜間、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9:00 - 17:00(土・日・祝定休)

PAGETOP
Copyright © トマト行政書士事務所 All Rights Reserved.