トマト行政書士事務所は、女性行政書士が親しみやすい雰囲気でお話を伺います。初回相談無料。補助金採択実績豊富です。融資・補助金申請・NPO法人・認定NPO・株式会社設立は、TEL025-278-8680へ!

補助金申請料金

補助金・融資申請 報酬

img012初回相談無料。着手前にお見積もりをいたします。

なお、相続手続き・遺言書作成については専門サイト「トマトの相続と遺言」を、自動車関連手続きについては「トマトの自動車手続き事務所」をご覧ください。

補助金申請

補助金診断…0円

トマト行政書士事務所では、補助金無料診断を行っております。
現在の状況と、今後の計画をお伺いし、どのような補助金に該当しそうかご提案いたします。
せっかく0円の診断ですので、他の行政書士事務所等でご相談した結果をふまえ、セカンドオピニオンとしてもご活用ください。

補助金申請サポート…着手金5万円+成功報酬10%(支給申請もお受けする場合は15%)

正式にご依頼いただいた場合、まずは着手金5万円(税別)をお支払いただきます。
その後、補助金が採択されたら、成功報酬として採択金額の10%(税別)をお支払ください。

なお、補助金には支給申請というものがあり、これも書類を整えるのに手間がかかります。
支給申請までお受けする場合は、成功報酬が採択金額の15%(税別)となります。

融資サポート

融資申請サポート…着手金5万円+成功報酬3%

正式にご依頼いただいた場合、着手金5万円(税別)をお支払いただきます。
その後、無事に融資されることとなりましたら、成功報酬として融資金額の3%をお支払ください。
融資は補助金に比べて成功率が高いことと、融資は補助金とは違い返済しなければならないことなどを鑑み、成功報酬額が低くなっています。

補助金&融資 同時依頼サービス

補助金も融資も、ともに事業資金を得るためのものです。
同時にご依頼いただく場合、当事務所といたしましても、お客様から事業概要のご説明を受け、理解を深めるための時間を節減できますので、着手金は5万円(税別)のみいただいております。
2つお申込みいただいても、着手金のお支払は1回のみということです。
「補助金と融資を同時に申込んで、補助金がダメだったら融資を頼みたい」といった場合にご検討ください。

補助金申請、融資申請について

自分で申請するのと、どう違うの?何を支援してもらえるの?

img015補助金申請や、融資申請は、ご自身で書類を作成し、申請することができます。

この補助金申請や融資申請に限らず、基本的に、士業が行う業務というものは、書類を自分で作成して申請することができます。
たとえば行政書士が行う許認可申請だって…司法書士が行う登記だって…ご自分でやることができます。
ただ、「書類作成は苦手」とか、「時間が無い」といった理由で、専門家に依頼するのです。
では、補助金申請や、融資申請の場合はどうでしょうか。

書類作成は苦手、面倒な人

これから起業しようというご自分の事業について、「やり方は頭に入っているんだ!」「事業計画を作るのは面倒だ!」という方がいらっしゃいます。
そういう方は、一度、当事務所のような専門家に依頼してみて、事業計画を作成してみたほうがいいでしょう。

「融資申請や補助金申請をしないからいい」ではなく、これから起業するわけですから、いろいろなところにリスクがあります。しっかり数字に落とし込んでみて、初めて分かることもたくさんあります。
とにかく苦手だ、という人は、依頼してみたほうがいいでしょう。

面倒なことはいいから、補助金採択されるように、融資申請が通るように作ってほしい!

「補助金が採択されるような書類を作ってほしい」
というご相談をいただくことがあります。
事業の内容をお伺いしても、あまりお話してもらえず、「適当に作ってよ」とのこと。
ご面倒かもしれませんが、これから起業するわけですから、ここはしっかり、数字に落とし込んだほうがいいのです。

それに、融資であれ、補助金であれ、100%通るように作成するのは、無理です。
詳しくは、ご相談にいらしたときにご説明をいたしますが、書類でなんとかなるのは、ごく一部分です。
書類の工夫ではどうにもならないところで決まってしまう場合もたくさんあります。

「とにかく可能性が広がるように、できる限りのことをしたい」
そういう方のために、当事務所の申請支援サービスがあります。

補助金や、銀行の融資なんて、自分でできるんじゃ…?

ご自分でできる方は、ご自分でなさったほうがいいと思います。
当事務所に依頼すれば、当然、有料になりますし…。

銀行と既に長いお付き合いがある場合や、もう何回も融資を受けていらっしゃる場合等は、慣れていらっしゃるでしょうから、ご自身でなさったらいいかもしれません。
特にこうした書類を求められない場合のほうが多いと思います。
また、事業計画等、お作りになることに抵抗が無い方も、ご自分でなさると良いと思います。

実際にご自身で書類を作成して、補助金に採択されたり、銀行から融資を受けられたりしているかたは、たくさんいらっしゃいます。

反面、どうしても、書類を作成するのに抵抗がある方がいらっしゃいます。
事業計画書を作成してみて、事業内容が1~3行程度しか書けず、空白が続いている方など、たくさんいらっしゃいます。

また、自分の事業なので、客観的に見ることができず、事業計画書ではなく妄想物語を書類に展開してしまうかたもいらっしゃいます。
千客万来、数字はうなぎのぼりに増え、すごい満席率なんだけど、どこからそんなに人が来るんだろうか…という場合です。
やたらと詳しく饒舌な事業計画書ではあるのだけど、内容がなぁ…信憑性がなぁ…。

そういう(空白だらけだったり、妄想だらけだったりの)事業計画書しか作れないから、うまくいかない事業なのかというと、そうとは限りません。
本人は、まじめに事業のことを考えていて、事業そのものはとてもすてきなんだけど、いかんせん、書類の作り方がわからない…どういうふうに数字に落とし込んだらいいのか分からない、ということもありえます。

空白だらけの事業計画書では、せっかくの事業の内容を、全然分かってもらえません。
よく分からないものに、国がお金をはらったり(補助金)、金融機関がお金を貸してくれたり(融資)することはありません。
また、妄想物語の場合は、もう最初から「この人は計画性が無い」「信憑性が薄い」ということで、相手にしてもらえなくなります。
いずれにしても、もったいないことをしています。

トマトで支援できること

当事務所でご支援できることは、お話をよくお伺いして、その中からその事業独自の強みを割り出し、適切な表現で事業計画に落とし込むことです。
また、新規性の高い事業や、分かりにくい事業であっても、しっかりとお話を聞き、なるべく分かりやすい表現にあらため、更に理解を深めるための資料をアドバイスすることです。
金融機関での勤務経験や、豊富な事業計画書作成経験を活かして、しっかりとお客様をサポートいたします。

トマトの申請支援方針

imgtomato001当事務所では、「みんなで幸せになる事務所にする」ことを理念に掲げています。

「幸せ」の具体的な内容は、人それぞれ、違うことと思います。
ただ、書類の上でなんとかしたり、ごまかしたりしても、そういう結果得られるものって幸せとは言わないんじゃないか、と考えています。

だから、トマトでは、一緒に本気で考えます。
ただ適当に話を聞き、書類に落とし込むのではありません。
お客様の話から、熱意や、数字には出てこないお客様独自の強みを分析し、事業計画書に落とし込みます。
トマトの菊地は、数字に出てこない強みを分析して伸ばす、知的資産経営認定士です。

そのため、まずは丁寧に時間をかけ、お客様のお話を聞くことになります。いろいろと質問もいたします。

ご依頼から申請までの流れ

1.初回相談

あらかじめ、事業内容をお伝えいただいてから、まず、初回相談(無料診断)にいらしてください。
該当しそうな補助金があるかどうか、お調べしたうえで、ご説明をいたします。
あわせて、当事務所でお受けした場合の料金提示、当事務所で提供できるサービス内容等についてご説明をいたします。

2.ご依頼、着手金のお支払

お見積りとサービス内容にご納得いただけましたら、ご依頼くださいませ。着手金のお支払と契約書への署名捺印、ご返送をもって、正式なご依頼とさせていただきます。

3.初回ヒアリング

書類作成前に通常3~5時間程度、お話をお伺いすることになります。お話が上手で分かりやすい方で、1時間程度で終わったかたもいらっしゃいましたが…。
その際、いろいろと質問もいたします。よろしくお願いいたします。

4.ヒアリング結果を元に、書類作成

書類作成中に、不明点が発生することもあります。そのときは途中でご連絡を入れさせていただくかもしれません。

5.作成した書類をもとに面談

まずはお伺いしたお話をもとに、書類を作りますが、通常、ここでの状態は、そのままでは提出できません。
(非常にご説明の上手なお客様で、1回ですんなりできあがり、申請できた方もいらっしゃいます。)
お客様とご相談の上、もっともっと工夫し、事業内容をもっと具体的に考え、書類に反映させていきたいところです。
必要に応じて、面談→書類への反映を繰り返します。通常は2回目の面談で提出しよう!となります。

6.申請

いよいよ、申請です!

7.結果が出る

補助金の場合は、採択か否かの結果が出て終わりです。
融資の場合は、申請と結果が出るの間に、金融機関担当者との面談があります。

ご予約で夜間、早朝、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9~17時(土・日・祝定休)
12~13時も電話や職場の近くまでお伺いして、
ご相談をお受けします。

PAGETOP
Copyright © トマト行政書士事務所 All Rights Reserved.