トマト行政書士事務所は、女性行政書士が親しみやすい雰囲気でお話を伺います。初回相談無料。補助金採択実績豊富です。融資・補助金申請・NPO法人・認定NPO・株式会社設立は、TEL025-278-8680へ!

経済産業省管轄の補助金

企業の事業拡大なら経済産業省系の補助金 METI

img026経済産業省の管轄する補助金は、膨大な種類のものがあります。
事業拡大に便利な補助金が多いのですが、それぞれの補助金の募集期間は短いので、タイミングを逃すと応募できません。
ですが、膨大な数の制度がありますので、他の補助金に該当するということも多々あります。ぜひ、事業に着手する前にご相談ください。

どの補助金にもいえることですが、事業着手前に申請し、採択が決まってから着手が原則です。
事業着手前…というのは、例えば、「設備を導入したい!補助金を申請しよう!」という場合であれば、申請して、採択が決まってから、設備を注文するということです。

設備の導入や、広告、見本市に出す、販路開拓のためのツールを作る…といった計画があるようでしたら、注文する前に、計画を思い立った段階でご相談ください。
トマトで、該当する補助金を無料にて診断・ご提案いたします。

以下は補助金の一例です。

省エネ補助金‐平成27年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金

助成額:100万円~50億円(但し補助率は3分の1以内、条件に該当すると2分の1以内)
時期:平成27年6月19日~平成27年7月15日
補助対象期間は交付決定日~平成28年1月29日

既存設備やシステムの置き換えで省エネルギー化する費用を補助。
事業を営む法人および青色申告の個人事業主が対象です。
助成率は2分の1~3分の1と低めですが、設備への補助なので、額が大きいことが特徴。
100万円~50億円です。

創業・第二創業促進補助金

助成額:通常は100~200万円(条件次第で~1000万円)
時期:例年 4月頃~

例年春ごろに募集があります。
これから創業する人と、第二創業(事業を継ぐ)人が対象です。
ただし、家業の一部を廃止し、別の事業を継ぐ場合等は、廃業費用として800万円が助成されることもあります。
創業系の補助金としては非常に人気が高いです。

3prmini7なお、補助金についての最新情報を、コラムで常時情報発信しています。
あわせてご覧ください!
トマトの起業案内【補助金最新情報】コラム

ご予約で夜間、早朝、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9~17時(土・日・祝定休)
12~13時も電話や職場の近くまでお伺いして、
ご相談をお受けします。

トマトの起業案内最近の記事

トマトの専門サイト

PAGETOP
Copyright © トマト行政書士事務所 All Rights Reserved.