申請のとき、注意すべきこと。

crushed-paper-1141810161029

小規模事業者持続化補助金についてのお問合せをちょこちょこと頂いております。

また、事前に「補助金始まったら連絡してね!」と言われていたお客様へのご連絡もいたしまして、このところ忙しくなってきました。
紹介の紹介の紹介でお問合せいただいたお客様もいらっしゃいます。
セミナー講師させていただいたことや、きちんと結果につなげることができたことなどが、良かったんだなと思っております。

さて、小規模事業者持続化補助金に限ったことではないですが、「こんなことで落とされてるの!?」っていうポイントが、意外とあります。

今日は、申請時の注意ポイントを丁寧にご説明しようと思います。

以下をお読みになると、「え、こんなことで?」とお感じになるかもしれませんが、本当に、意外と多いんです…。

1.早く準備しよう!

早めに準備してくださいね、っていうのはどんな申請にもありがちなフレーズです。
でも、この「小規模事業者持続化補助金」の場合は、ありがちなフレーズ以上の意味があります。

要項の最初のページ(表紙)の真ん中あたりに、太字で書かれてある部分を読みましょう。

「様式4」の発行には一定の日数がかかります。締切までに十分な余裕をもって(できるだけ締切の1週間前までには)、地域の商工会議所にお越しください。

書類一式を持って(ちゃんと記入した上で)、締め切りの1週間前までには商工会議所へ行きましょう、ということです。

実際、1週間前までに行かないと駄目なのかっていうと、そうとは限りません。
たいていの商工会議所は、なるべく対応してくださるはずです。
ただ、商工会議所での確認作業は、「はい書類見ました、はいハンコ押します」っていう感じではありません。
じっくりと書類の中を確認されますので、やはり相当な時間がかかります。

混雑している商工会議所だと、時間がありませんから、お断りされることもあり得ます…たぶん。
私の関わっている件は、みんな早めに準備しているので、今のところ商工会議所からお断りされたことはありません(たいてい2週間前には商工会議所へ行っています)。
でも、さすがに締め切り3日前とかは、厳しいような気がします。

それに、せっかく商工会議所の方が確認してくださるんです。
時間に余裕があるうちに確認をお願いすれば、丁寧に修正指示をいただけます。
修正を繰り返せば、それだけ、採択される可能性がUPします。

補助金申請は、申請するのが目的じゃなくて、採択されるのが目的だっていうことをお忘れなく!
そのためには、早めに準備しましょう。

2.提出物を確認しよう!

公募要項の「応募時提出資料」は必ずチェックしましょう。

私の知る限り……提出書類漏れで落選するケースは意外と多いようです。

法人で、申請書に「全部事項証明書」を添付しなかったケース。
個人は確定申告書の添付が必要だけど、まだ決算していないから確定申告書が無い!というわけで、よく確認せずに何も送らなかったケース(実際は開業届の添付が必要です)。

幸い、私の関わった件では、必要書類もれはありませんが…
この「必要書類もれ」が意外に多いと聞きます。

どうぞご注意を!

3.重要事項を確認しよう!

最後に。
公募要項の重要事項は必ず読みましょう。
目次のすぐ後に掲載されているはずです。

特に勘違いが多いのが、以下の3点です。

  • 「補助金交付決定通知書」の受領後でないと補助対象となる経費支出等はできません。
  • 補助金交付決定を受けても、定められた期日までに実績報告書等の提出がないと、補助金は受け取れません。
  • 実際に受け取る補助金は「補助金交付決定通知書」に記載した交付金額より少なくなる場合があります。

「ホームページの採択者発表に掲載されていた!」とか、「採択通知書が届いた!」となると、すぐにチラシ発注をしようとする方がいますが…もうちょっと待ってください。

補助金交付決定通知書を受領した後に発注しないと、補助対象経費になりません。

また、補助金に採択され、経費を使った後で、期日までに実績報告書と資料をきちんと提出しなければ、補助金を受け取ることができません。
領収書や、通帳の写し等を定められた形式で提出する必要があります。

そして、提出された資料をもとに審査して、実際に補助金が交付されます。
審査を通過しなかった経費は、補助対象から外れますから、交付金額が少なくなることもあり得るのです。

以上をお読みになって、どうでしたか?
補助金は、もらえればありがたいですが、提出しないといけないものがたくさんあります。
ぜひ公募要項をスミからスミまでよく読んで、書類作成してください。

新潟の補助金申請、法人設立は当事務所にお任せください。

補助金申請、株式会社・特定非営利活動法人(NPO法人)・合同会社・一般社団法人等の設立、創業融資をご検討の方はぜひ当事務所にご相談ください。
補助金採択実績、創業融資実績多数ございます。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
お子様が居ても起業し活躍する時代です。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。