うーん…3次募集まであるとは思いませんでした。

若者・女性生活サポート産業創業支援事業。
3次募集は、11月27日が締め切りです。
新潟で開業するなら(そして年齢制限or性別制限をクリアできるなら)、ぜひ応募してください。

今回も、「女性」であること、男性ならば「40歳未満」であることが必要です。
また、補助金には対象となる期間があり、この補助金の場合は2016年2月末までに対象経費100万円以上を使う必要があります。
実際にお金を支払うところまで終わらないとダメです。

商工会議所で、提出する書類を確認してもらったうえで、書類を交付してもらう必要がありますから、締め切りより少し前に書類が完成していなければなりません。

詳細は、NICOのホームページをご確認してみてください。
(ちょっと分かりにくいかな、要項長いけどがんばって読んでくださいね!)

応募してみたい方、専門家に書類作成してもらいたいという方はぜひ早めに当事務所へご連絡ください。

水道光熱費や賃貸料、広告宣伝費等に使うことができる補助金です。
たとえば、新しくお店を開こうと考えているのでしたら、最初に広告を打つでしょうから、そういう費用に使えるわけですね。
3次募集まであるということは、1次・2次ともにライバルが少なかったんじゃないかと思います。
これから起業する人で、募集できる条件が揃っている人は、ぜひどうぞ。

新潟の補助金申請、法人設立は当事務所にお任せください。

補助金申請、株式会社・特定非営利活動法人(NPO法人)・合同会社・一般社団法人等の設立、創業融資をご検討の方はぜひ当事務所にご相談ください。
補助金採択実績、創業融資実績多数ございます。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
お子様が居ても起業し活躍する時代です。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。