【初回のご相談無料】相続手続きや遺言書作成、「おひとりさま」の老い支度を親身にサポートします。法手続・お金・気持ちを大切に、女性行政書士が丁寧に対応します。

遺言作成の流れ

遺言作成の流れ

遺言作成について

img023遺言書は、その遺言書を作成される方の意思が正しく伝わり、実現されるように作らなければなりません。
作成するのが目的ではなく、意思どおりに実現されることが目的です。

遺言書の作成は大変です。
法律に従って、正しく書かなければなりませんから、不慣れな方は苦労なさると思います。
しかしそのことばかりに気をとられ、せっかく遺言書を作成したのに、相続の段階になって争いが発生してしまっては、作成した意味が薄れてしまいます。

以下は、当事務所でお受けする遺言作成関連業務のおおまかな流れです。実際の流れは、案件により相違することがありますのでご了承ください。

1.推定相続人の調査、財産調査

y_chosaまずは、遺言書作成時点で、遺言書作成者様にどういった財産があるのかを調査します。
同時に平行して、誰が遺言書作成者様の財産を相続する権利を持つのか調査し(推定相続人の調査)、作成者様との関係を把握します。これにより、遺留分についても確認できます。
そのうえで、遺言書に書く内容・財産の分割方法を検討していただきます。
syousai05

2.遺言書作成

y_yuigon財産の分割方法等、検討していただいたことをふまえ、遺言書を作成します。

遺言書には、主に「公正証書遺言」「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類がありますが、当事務所では「公正証書遺言」の作成をお勧めしています。
syousai05

ご予約で夜間、早朝、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9~17時(土・日・祝定休)
12~13時も電話や職場の近くまでお伺いして、
ご相談をお受けします。

PAGETOP