【初回のご相談無料】相続手続きや遺言書作成、「おひとりさま」の老い支度を親身にサポートします。法手続・お金・気持ちを大切に、女性行政書士が丁寧に対応します。

相続手続きの流れ

相続の流れ

相続手続きについて

img024相続手続きで大切なことは、まず、故人の財産は何がどのぐらいあるか明確にすること。
そして、誰がどの財産を、どのぐらい相続するのか決めることです。

この、誰がどの財産をどのぐらい相続するのか決めることを、遺産分割協議と言います。また、故人の財産を相続人で分けることを遺産分割といいます。
スムーズな相続手続きのためには、まずは故人の財産をきちんと把握することと、誰が相続人なのか把握することがとても大切です。

以下は、当事務所でお受けする相続手続きのおおまかな流れです。実際の流れは、案件により、相違することがありますのでご了承ください。
相続手続き全体の流れについては、別途こちらのページで説明しておりますのでご参照ください。

1.相続人の調査、相続財産の調査

y_chosaまずは遺言書の有無を確認します。引き出しや戸棚など、故人が遺言書をしまいそうな場所を探してみてください。
ここで遺言書が見つかる場合と見つからない場合とで、今後の手続きが違います。
そして、誰が財産を相続する権利を持つのか確認し(相続人調査といいます)、故人がどのような財産をどのぐらい所有していたかを確認します(相続財産調査といいます)。
syousai05

2.遺産分割協議

y_kyogi相続人調査・相続財産調査の結果を元に、相続人それぞれが、まずは「相続するか?」「相続放棄か?」「限定承認か?」といった判断をします。
相続を承認すると判断した相続人全員で、遺産分割について協議します。syousai05

3.遺産分割協議書の作成

y_shorui遺産分割協議で決まった内容から、遺産分割協議書を作成します。
この遺産分割協議書は、後で、不動産の相続登記や銀行の預貯金の名義変更、その他各種名義変更に使用します。
また、きちんと書面に残し、相続人各人が実印を押印することで、後から「言った」「言わない」で揉めるのを避ける目的もあります。
遺産分割協議は、一度まとまってしまうと、原則としてやり直しが効きません。よく考え、しっかり内容を確認してください。syousai05

4.名義変更手続き等

y_tetuduki遺産分割協議で決まった内容のとおりに、名義変更等の手続きをすすめます。
銀行であれば、預貯金の名義変更、あるいは解約といった手続きが必要になり、銀行によっても必要な書類はさまざまに異なります。株式や自動車も名義変更が必要ですし、不動産は、相続登記という手続きが必要になります。
それぞれ、必要書類は異なりますから、よく調べて手続きを進める必要があります。
※相続登記は司法書士業務です。当事務所にご依頼のお客様には司法書士を紹介しておりますのでご安心ください。syousai05

5.相続税の申告

y_zeikin必要な場合は相続税の申告を行い、納税をします。
※相続税の申告は税理士業務です。当事務所にご依頼のお客様には税理士を紹介しておりますのでご安心ください。syousai05

ご予約で夜間、早朝、休日も対応! TEL 025-278-8680 受付時間9~17時(土・日・祝定休)
12~13時も電話や職場の近くまでお伺いして、
ご相談をお受けします。

PAGETOP