離婚を迷うとき、離婚経験者に相談をする…

よくあるお話です。

「離婚経験がある専門家だから安心」という考え方も、よく聞きます。

でも、当事務所では、自分自身の離婚経験を語ったり、考え方を押し付けたりすることはいたしません
「離婚経験を教えてほしい」
と頼まれても、原則としてお断りしています。

「経験談」はあくまでも経験談。
一般化するのは難しいと考えているためです。

変な部分を参考にして、ご自身の判断を歪ませてはいけません。
きちんと自分で納得するよう考えて結論を出すべきです。

なぜ、経験談を話さないのか、なぜ経験談を鵜呑みにするのが危険なのか、ここではその理由について説明します。

経験の因果関係に注意!!

私たちは基本的に、経験をもとに世の中を捉えます。
当たり前ですが…誰もが、経験からしか、ものを語ることができません。

とはいえ、「過度な一般化」には、気をつけなければなりません。

例えば…離婚経験者に相談をしたとします。
「どうすれば○○さんみたいに、離婚後幸せに過ごせるんですか?」
「私は毎日××をしたので、円満に離婚できた。だからあなたもこれを真似するべきだ。」
と、勧められたとしましょう。
××は、なんでもいいですが、一見離婚とは関係の無さそうなものです。

でも、××と円満離婚の間の因果関係がどの程度あるかなんて、どうやったら分かるでしょうか?
たかがサンプル数1の事例に過ぎないのに。

それが、誰もに共通する因果関係だと、どうして言えるでしょうか。

こういうことは、意外と多いのです。
「私は××をしたので、子どもが有名大学に合格した」
「私は××をしたので、結婚生活が円満だ」
こういう成功者の体験談、よく聞きますし本にもたくさん出ていますよね。
でも実際に、××と「大学合格」「円満な結婚生活」に因果関係があるかどうかなんて、分からないのです。

もちろん、「きちんと法律に則った手続きをして、書類を作っておいた」「だから、強制執行ができた」というのは、当然のように因果関係が成り立っています。
あとは、「書類を作ったから、こういうときにどうすればいいのか分かりやすかった」というのも、当然、あり得る話です。

ここで説明しているのは、そうではなく……根性論とか、気持ちの問題とか、タイミングとか。
環境によって左右されがちなのに、本当に円満な離婚と関係があるのかどうか、よく分からないけど「なんとなく良さそう」なアドバイスのこと。

具体例:××と円満な結婚生活

実際にお伺いした例です。

「私は毎日きちんと掃除をしたから家に福が来た。夫が昇進した。」

これは本当に、関係があると思いますか?

きちんと掃除するような人だから、「夫」の服装にも気を使っていて、外見が整って見えたから昇進した…かもしれません。
でも、運や占いや風水に頼る場合はともかくとして、普通に考えたら、掃除と昇進の間に関係はありません。

でも、この経験を語っている本人は、大真面目にそう言っているのです。

そして話を聞く人も、その真面目さと勢いに流され、「本当かもしれない」と信じかけている…。
きっと帰宅後掃除するのでしょう。

別に、掃除なんて害が無いからいいじゃないか、という考え方もあります。
しかし、この記事を読んでいるあなたは、離婚という切羽詰った現実に直面しています。
それこそ、掃除している余裕すらありません。
「掃除すれば円満離婚できる」という話は、こうして読むとばかばかしく見えるかもしれませんが、この話を真に迫って信憑性高く語られたとして…あなたは、否定できますか?
離婚未経験で、離婚について不安に思っているところで、そんな話を語られたらどうでしょうか。

離婚の経験には、この手の話が多いのです。

私がここで言いたいのは、「距離を置いてちょっと冷静に考えれば分かる」ということではありません。

経験を語る人は、本当にそれが原因で、良い結果につながったのかなんて分かっていないということです。
でも、その人はそれが真実だと信じ込んでいる。
そして、善意で、あなたを説得しようとしている。
真に迫った話をされる。

これが、経験談を聞くリスクの1つです。

具体例:○○への接し方

今度は、もうちょっと離婚に近い具体例を挙げます。

「私は夫に毎日、離婚してくれと迫ったし、絶対に折れなかったから、うまくいった。諦めないのが大切。」

「私は夫から離婚を迫られたけど、知らぬ顔をして放置していたら、そのうち諦めてもとのサヤに戻った。感謝の気持ちを伝えて、あとは放っておくぐらいでいい。」

どちらも、ありがちな話です。
※どちらとも、実在する例を挙げています。

どちらとも、語る本人は、自信たっぷりに語っているのです。
でも、内容がまるで正反対だと思いませんか?

すごく当たり前のことですが、離婚は、離婚する相手が誰なのか、どういう性格なのかによって違います。
同じ浮気一つとっても、いろいろなシチュエーションがあります。
証拠があるのか無いのか、慰謝料払う資力があるのかどうか、職業的に不倫が発覚するとまずいのか…
細かく挙げればきりがないぐらい、本当に環境が様々。

こどものあるなし、財産、その他いろいろなシチュエーションで、まるで違う様相になるのが離婚です。

失敗談を失敗として語れるか…

第二に。
離婚の経験は、自分を美化して語られがちです。

本当の離婚原因も、状況も分からないのに、「経験談」を語られても参考になりません。
ですが、本当の離婚原因なんて、本当の本当は、誰にも分からないのです。
それこそ当事者同士だって、離婚原因の捕らえ方が双方で違います。
子どもから見た別の「真の離婚原因」が存在することもあります。

関わった当事者すべてが、全ての視点で、微妙にその像が違ってくる…これが、離婚というものです。

それを説明されたところで、参考になりますか?

具体例:離婚原因は?

当事務所が関与した例ではないのですが…
ある人は言いました。

「夫の浮気で離婚した。でも、証拠が無くて、慰謝料はもらわなかった」

事情があって、たまたま、その人の夫から話を聞いてしまいました。

「妻の金銭トラブルで離婚した。危うく連帯保証人にされるところだった」

自称事情通の人が解説してくれました。

「姑がきつい人で、嫁に辛く当たり、嫁はブランド物に狂い買い物しまくり。夫は姑と嫁の板ばさみになって、風俗キャバクラで遊びまくり。」

事情通の人が言うことが正しいとは限りませんが…
正しいとすると、全員が、「自分に責任はない」「被害者」と思っていて、全員がある意味事実を言っているのです。

離婚は、無数の「夫側が言う原因」と「妻側が言う原因」の組み合わせの産物と言えるでしょう。
原因だけを見ても、組みあわせが無数にあるのです。
さらに環境(仕事は?家族は?性格は?経済的には?文化は?宗教は?)もそれぞれ違います。

単に離婚経験者の話といっても、「こうすればうまくいく!」という成功体験をそのまま鵜呑みにするわけにはいかないのです。
自信たっぷりに語られるその経験に、嘘…というよりも見えない事実…があるかもしれません。

まとめ:離婚は自分でよく考えよう

離婚そのものについては、結局のところ、自分で考えるしかありません。

経験談を聞くのはもちろん、いいことです。
でも、「○○したから気が晴れた!」とか、「これでうまくいった!」といった話には要注意。
参考程度に聞いて、鵜呑みにしないで自分でよく考えましょう。

ほんとうにこれ、円満な離婚との因果関係がありそうかなぁ…って。

ブログランキング参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ


グレーゾーンを減らし安心したい方、子どもの負担を少なく離婚したい方はトマト行政書士事務所へ。

新潟市中央区、県庁の近くにあるトマト行政書士事務所です。
離婚の手続き、養育費や財産分与、年金分割、離婚協議書、公正証書、ご夫婦間の合意書・念書・誓約書作成について、専門家のサポートをお求めでしたら、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。全国からのご相談に対応いたしますが、原則として、実際にお会いできる方に限りご依頼を承ります。

メールでお問い合わせはこちらお子様連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※当事務所のサポートをご利用なさりたい方のためのご相談をお受けしております。「金額の判断がほしい」「相場が知りたい」「慰謝料請求できるか知りたい」「離婚すべきか知りたい」「不倫にはどう対応したらいいのか」といったご相談につきましては当方はお受けしておりません。
※なお、不倫、不貞行為等の問題につきましては、信頼できる探偵・興信所をご案内しております。

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。