こんにちは。
【トマトの離婚サポート】トマト行政書士事務所の菊地です。

養育費についてのご相談があると、ほぼ100%聞かれるのが、「再婚」にまつわるものです。

再婚の予定があるわけじゃないと言うのですが…。

夫は、「再婚したら養育費は払えない」と言っています。
夫が再婚したら、養育費を払ってもらえなくなるのでしょうか?

4年前に離婚した元妻から、再婚したという連絡をもらいました。

それじゃ養育費はいらないだろうと思い、支払をとめたら、早く振り込まないと給料を差し押さえると言ってきました。
元妻は再婚したのだから、もう養育費を支払う必要はありませんよね?

再婚と養育費について、今日はご説明します。

再婚のみを理由に養育費の減額・免除は無い

まず最初に、結論から申し上げます。

元夫や元妻が再婚したことだけを理由に、養育費が減額されたり、あるいは免除となることはありません

よく聞かれることなので3回ぐらい繰り返して書きたいです。

とても簡単に言うと、再婚は、お子さまには関係のない話です。
どちらかの親が再婚してもしなくても、お子さまの状況に変化はありません。

だから、再婚したことだけを理由に、養育費が減額されたり、あるいは免除となることはありません

それじゃ再婚は全然関係ないのかというと、そうではありません。
再婚とともに、養子縁組したり、あるいは子どもが増えたりすると、話が変わってきます。

それでは、まず、「親権者」だのなんだのということをいちいち書くと分かりにくいので、このページでの設定をしましょう。

  • 元妻…親権者。養育費を受け取る側。
  • 元夫…養育費を支払う側。
  • 子…未成年。まだ働いていない。

先ほども書いたとおり、元妻や元夫の再婚のみで、養育費に影響することはありませんが…
再婚と養育費が全然関係ないかというと、そうでもありません。
そこに、別の要素も絡むことで、養育費に影響が出ることもあり得ます。

元妻が再婚して、新しい夫と子どもが養子縁組する場合

元妻が再婚しました。
新しい夫と子どもが、養子縁組をしました。

この場合、新しい夫と子どもの間には親子と同様の法的な関係が生じます。
…って分かりにくいですよね。
とてもざっくり言うと、「新しい夫が子どもを扶養する義務が生じる」ということです。

再婚だけでは、元妻が新しい夫と結婚しただけで、子どもと新しい夫との間には、法的な関係が無いのです。
でも養子縁組をすれば、話は別。

それじゃ、元夫には養育費を支払う義務がなくなったかというと…そうではありません!!
あくまでも、まず子どもを扶養するべきが、元妻と新しい夫になったというだけ。
もしも、その二人では子どもを扶養するのに足りない(お金が…)となれば、元夫も養育費を支払わなければなりません。
だから、言い換えると、元妻が再婚し、新しい夫が子どもと養子縁組をしたのなら、元夫は養育費の減額・免除を請求できます。

話し合って減額や免除に応じてもらえないのでしたら、調停や、裁判等を経ることになります。

減額・免除されたとしても、支払う義務が消えるわけじゃない

元妻が再婚した、新しい夫と子どもが養子縁組した。

そこで元夫の養育費支払義務が消えたかというと、そうではありません!!
ここは要注意です。

とても分かりやすいのが…元妻と新しい夫が離婚し、それに伴って新しい夫と子どもが養子縁組を解消した場合。
ほぼ100%のケースで、離婚と同時に、子どもとの養子縁組を解消なさいます。
この場合元夫は、養育費の支払義務が再び発生することになります。

または、新しい夫がお亡くなりになったり、病気になるなどして経済状況が悪化した場合。
何かの事情変更が発生した場合、などなど…。

支払ってもらえないのでしたら、調停や裁判…となります。

養子縁組が無ければ、再婚だけでは関係性に変わりは無い

なお念のため補足しますが、何回も繰り返しになりますけれども、再婚したことだけを理由に、養育費が減額されたり、あるいは免除となることはありません

元妻と新しい夫が再婚した。
子どもとの間に、養子縁組しなかった。
この場合、新しい夫に、子どもの扶養義務はありません。
新しい夫は、元妻と再婚したというだけで、子どもとは(少なくとも法的には)関係ないのです。
引き続き元夫が、養育費を支払う必要があります。

元夫が再婚する場合

それでは、支払う側が再婚する場合はどうでしょうか。

元夫が再婚しました。
新しい妻には連れ子があり、その全員と養子縁組しました。
元夫には扶養するべき家族が大勢になり、生活費を圧迫しています。

あるいは…元夫が再婚しました。
新しい妻との間に、子どもが生まれました。扶養すべき家族が大勢になりました。

この状態で、養育費を減免請求できるかというと…できます
できることはできます。

元夫の再婚と、扶養するべき家族が増えて生活費を圧迫していることは、養育費を変更するべき事情の変更に当たります

話し合いが難航する場合は、調停や裁判等となります。

ポイントは扶養すべき家族が増えて生活費を圧迫していること

それでは、「元夫が再婚した」ら減額請求となるかというと、そうではありません。
ここでの減額請求ポイントは、再婚に加えて扶養家族が増えたこと・生活費を圧迫していることです。

例えば…
元夫が再婚した。
新しい妻はとても収入が多く、生活が豊かになった。
この場合、減額請求につながりません。

生活が苦しいから、減額できるのです。

勝手に減額しないように!

最後に…

元夫が再婚したと思ったら、養育費を支払ってもらえなくなりました。
電話をして確認したところ、再婚したのだから家族も増えたし、養育費なんて払えないといわれ、その後は電話しても着信拒否されています。

どうすればいいでしょうか。公正証書は役に立たないのでしょうか。再婚したら払わなくてもいいのですか?

こんなご相談もたまにいただきます。
私の答えは、

  1. 差し押さえの手続きを自分でやる
  2. もしくは、弁護士に相談する

この2択から、選んでいただきます。

たとえ事情があったとしても、勝手に養育費の支払をやめないほうがいいです。
きちんと同意をとりつけましょう。
同意してもらえないのなら、調停や裁判等をしましょう。
あなたの勤め先に、ある日突然、裁判所から、給料を差し押さえるという連絡が入ったら、どうなるでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ


グレーゾーンを減らし安心したい方、子どもの負担を少なく離婚したい方はトマト行政書士事務所へ。

新潟市中央区、県庁の近くにあるトマト行政書士事務所です。
離婚の手続き、養育費や財産分与、年金分割、離婚協議書、公正証書、ご夫婦間の合意書・念書・誓約書作成について、専門家のサポートをお求めでしたら、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。全国からのご相談に対応いたしますが、原則として、実際にお会いできる方に限りご依頼を承ります。

メールでお問い合わせはこちらお子様連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※当事務所のサポートをご利用なさりたい方のためのご相談をお受けしております。「金額の判断がほしい」「相場が知りたい」「慰謝料請求できるか知りたい」「離婚すべきか知りたい」「不倫にはどう対応したらいいのか」といったご相談につきましては当方はお受けしておりません。
※なお、不倫、不貞行為等の問題につきましては、信頼できる探偵・興信所をご案内しております。

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。