こんにちは、トマト行政書士事務所の菊地です。
私生活も仕事も、面白いことに遭遇する率が高いほうです。たぶん。きっと。

今日は、車庫証明の申請に、警察署へ行ったところで、新潟市の博物館と美術館についてご説明申し上げ、追加で戊辰戦争についてお話したことを。

新潟県外からいらしたらしい方が居て

車庫証明の申請書を出しにとある警察署へいったら、新潟県外から来たらしい方が、場所を教えてほしいと窓口で相談中。
警察の人も、スマホで検索したり住宅地図を出したりして、調べているけれど分からない。

旧新潟市役所跡地付近の博物館を知りたいとのことでした。
目的は、古い建物と、戊辰戦争(北越戦争)について調べたい、と。

皆さんみなとぴあをご案内するものの、その方は「そこはもう既に行ったけれど違う」という。
うーん、そうだよねぇ…みなとぴあには、戊辰戦争の資料がもしあったとしても、少ないでしょうねぇ…。

そのうちに、近くに美術館は無いですかとその方がおっしゃり、警察の方が新潟市美術館と新潟県立万代島美術館をご説明。
そこは美術館だから郷土資料を展示していないような気がする、と警察の方がおっしゃるものの、その方は市の美術館へ行こうとする…

しばらくやりとりを黙って見ていたのですが、車庫証明申請の順番を待っている間に、ついつい口を挟んでしまいました。

新潟県立歴史博物館は長岡市にあるのです

新潟県内で戊辰戦争(北越戦争)の資料を調べたいのでしたら、長岡市にある県立歴史博物館。
新潟市の歴史は、港町としての商業の歴史と、水・農業の歴史が中心なのです。
長岡は、戊辰戦争については何かと有名ですし、資料もあるかと思いますが。

新潟市には、美術館等多々あるけれど、昔の郷土資料を展示しているのはみなとぴあぐらいかな、と。
新潟市立の美術館は、近代現代美術の展示が中心ですし、県立万代島美術館は、今はレオナール・フジタをやっていますよ。
あとは県立自然科学館に昔のものの展示がありますが…。
でも戦争というよりは、新潟の自然と人の暮らしとの関わりが中心でしょう。

…云々。以下略。けっこう長いことおしゃべり。

ついでに、和菓子から見る新潟市と長岡市の文化の違いについて、私の持論を展開
何やってんだ私。
その方からも警察の方からも「助かりました」と感謝されましたが…すっかりお節介なオバサンに成長しつつあるなと思う今日この頃。

戊辰戦争(北越戦争)の跡が何も無いわけじゃないのですが

その方には、ご説明しなかったんだけど、新潟には戊辰戦争の跡が何も無いわけではなくて。
「関屋金鉢山公園」なんかは、実は戊辰戦争のときに陣地をはったあとなのです。
でも、実際にいってみると丘になっている公園で、とっても大きな木があるので気持ちいい場所だけど、確か資料としては碑があるだけだし。

それにしても、「旧新潟市役所跡地」って現在のNEXT21のことですが、この近くに博物館というと、何と勘違いなさったんだろう。
古い建物ともおっしゃっていたから、一瞬「県政記念館かしら」と思ったけれど、あそこは明治になった後の議会の資料があるだけだしね。

…とまぁ、車庫証明申請するだけなのに、なぜかこういう事になるのでした。
でも楽しかったから良しとしよう。

ブログランキングに参加しています。ぜひ押してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


トマト行政書士事務所。相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

建設業・産廃・酒類販売について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。