つづき。最初からお読みになりたいかたはこちらをどうぞ。

あんまり長く連載しているのも疲れてきますので、そろそろ結論へ。

結局のところ、「契約書を準備しておきましょう」ということになります。
契約書って依頼される側が準備するんじゃないのか…とお考えかもしれません。
でも、依頼される側が何も準備していないようでしたら、依頼する側が準備してしまいましょう。
契約書は、どちらか片方を守るものではないんです。
両方が約束をまもるためのものが契約書です。

これが、「支払いをしてもらえない!」っていうトラブルでしたら、いろんな方法があります。
まず内容証明を送るとか。
裁判所で督促の手続きをするとか。
比較的、ご自身でも手続きができるような内容です。

ところが、「仕事しろ!」と要求するとなると、そう簡単にはいきません。

これが、仕事しないのが行政書士であれば、所属する行政書士会に相談すればいいでしょうし、弁護士であれば弁護士会に相談したらいいでしょう。
でも相手がデザイナーとなると、あくまでも争うのであれば、弁護士に相談をし、訴訟準備に突入しかありません。
同じように、何かの会に所属しているような人の場合であれば、そこへまず相談をするという方法もあるでしょうけども、そうではない場合なんかは、お手上げです。
となると、大掛かりな仕事であればともかく、少額な仕事をしてもらえない場合は、弁護士費用を考えたら泣き寝入りしかなくなってしまいます。

それを考えたら、契約書を交わして、そこに「仕事をしなかった場合の損害賠償」についての一文を明記しておけば、相手への抑止力となるでしょう。
契約書を交わす手間なんて、裁判の手間に比べたら、たいしたものではありません。

契約書は自分を守るための道具でもあるんだよ、というお話でした。

なお、契約書を渋られる場合には、「会社の規則で契約書を交わすことになっていて…」「最近顧問契約をして…」「急にコンプライアンス対策として契約書を導入することになって…」といった理由をつけてみてはいかがでしょうか。
相手が契約書を準備してくれない場合は、上のような理由をつけつつ、「だから契約書が無い場合は、社内で準備してあるものを使うことになっているんです。」と。


蛇足ですが、税理士とか弁護士とか行政書士とかが仕事をしてくれなくて、○○会に相談をするという場合、その会それぞれの雰囲気によりますけれども、やはり「証拠」が必要になります。
仕事を依頼した証拠、どんな約束だったのかという証拠、いつまでに上がるはずだったのかという証拠。
そこを考えてみてもやっぱり契約書、または、契約書とまではいかなくても、依頼内容等が分かる書類が必要となるでしょう。

相談しやすい雰囲気の事務所をお探しの方はこちらへどうぞ。

主にデザイン・企画・WEB関連の契約書作成と、産廃収集運搬や自動車関連の許認可全般について専門家のサポートをご検討の場合、どうぞご相談ください。
ご来所でのご相談はもちろん、電話やE-mailのお問合せも歓迎です。

メールでお問い合わせはこちらお子様・お孫さん連れでのご相談もどうぞ。
TEL 025-278-8680
受付時間:9~17時 (土・日・祝定休)
お昼休み12~13時もお電話受け付けております

※ご注意
このサイトに記載されている情報を参考にしてご利用になる場合は、自己責任にて行ってください。当事務所では、当サイトに記載されている情報を利用したことによる責任は、一切負いません。
実際のご相談は、事象が複雑に絡み合っていることがよくあります。簡単に一般論で話せるものではなく、ケースバイケースです。状況によって、お手続きの条件が異なります。なお、当サイトの全文または一文を無断転用することを禁じます。